« 丑年に挑戦 | トップページ | 時間の哲学 »

2008年12月29日 (月)

食の一年

食に関して、これ程話題の多かった年は無い。Cimg6817

中国製冷凍餃子中毒やら事故米の転売、メラミン牛乳。

穀物の高騰と燃油高による農漁業の苦境。

それに、産地の偽装も次々と発覚したっけ。

船場吉兆の偽装も、貧乏人からすると「金持ちの舌もその程度か」って気分もあった。

ともあれ事故米にしても、ウナギにしても、Cimg6773

表示を変えるだけで巨利がえられるのだから、

「いしかわや 浜の真砂は・・・盗人の種は尽きまじ」だろう。

年末に公表された「国民生活白書」にも、

特に加工品で国産回帰が進んでいるとある。

実に良い傾向だ。Cimg6772

大体が、何処の馬の骨かも分からない他国の人間が作ったものを、

安いからって、いい諾として食べる方が悪いのだ。

この国に住む人々のエンゲル係数は、十分すぎるほどに低い。

それに、胃の府に入る量などたかが知れている。

自分の食うものくらい、吟味すべきなのだ。

それがいやなら自分で作れと云いたい。

食を粗末にする国は、やがて滅びるのだ。

思えば、昭和20~30年代は貧しかったけど、

食は質素でも本物だったよな。

|

« 丑年に挑戦 | トップページ | 時間の哲学 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 食の一年:

« 丑年に挑戦 | トップページ | 時間の哲学 »