« 固定観念 | トップページ | 駅伝 »

2008年12月 7日 (日)

食と人生

韓国だっただろうか ?Cimg6760

「ご飯食べた?」は挨拶だと聞いたことがある。

食べることは、それほど大切な一大事だったのだ。

日本人は、食卓に出されたものは勿体無いから無理しても食べてしまう。Cimg6761

だが朝鮮半島では、全て食べてしまうのは、

「持て成しが足りない」と言う意味になる。

食事をケチることは、この大陸では一大事なのだ。Cimg6772

それに味覚は、時として人生を表現する言葉になる。

辛酸をなめるとか苦渋の決断をするなど言う。

後味の悪い・・・などとは、身近に雰囲気が出ている。Cimg6775

良い事は寒露などと言ったりするが、意外と美味に関する言葉は少ない。

多くの動物は、食い物を奪い合って食べる。

しかし人間は、食い物を分け合って食べる。Cimg6774

ファミリィーと言う英語には、

「一緒に食事する人」と言う意味があるそうだ。

そう言えば西部劇で、焚き火を囲んで「ヨオ!、ファミリィー」などと、

呼び合っていたっけ。

個食や孤食を余儀なくされる時代だけれど、食卓は大切にしたいね。

それこそ、人生の味わいだもの。

|

« 固定観念 | トップページ | 駅伝 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 食と人生:

« 固定観念 | トップページ | 駅伝 »