« 語る人生 | トップページ | 紅葉山庭園 »

2008年12月10日 (水)

ツワブキ

いよいよ冬将軍の到来だろうか。Cimg6583

ケヤキ並木がすっかり明るくなって、落ち葉がカサカサと音を立てている。

その寒さの中で寡黙に咲く花がツワブキだ。

キク科の多年草で、葉の緑に艶がある。Cimg6792

「艶のある蕗」が命名の由来らしい。

さて今夜は、ツワブキの艶に誘われて、

先日の「固定観念」の続きを書きたい。Cimg6790

もはや内需拡大では、日本経済の建て直しは困難だと言うことだ。

だから、定額交付金などと無駄金を使わずに、

この日本列島を低エネ構造に徹底改造する。Cimg6733

石油資源は有限だから、又いつか高騰と言うことになるだろう。

だから、太陽光発電を始めとして、電気自動車、

バイオエネルギー開発など、そのための投資に集中するのだ。

10年間で、原油輸入を1/5にする位の覚悟でやるのだ。

資源の無い日本だからこそ、輸出で稼ぐなんて発想はもう止した方が良いのだ。

それでなくても日本の貿易黒字は、既に漸減している。

この冬に咲くツワブキだって、

春先の新茎は佃煮にすれば食べられるのだ。

|

« 語る人生 | トップページ | 紅葉山庭園 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ツワブキ:

« 語る人生 | トップページ | 紅葉山庭園 »