« ヤマトから日本へ | トップページ | 地方からの未来 »

2008年12月19日 (金)

伏見稲荷

全国の約八万の神社の内、三万余が稲荷なのだそうだ。Cimg6846

稲荷の起源は定かではない。

最初は、伊奈利山に造営されたらしいが、

室町の頃、現在の伏見に移されたのだそうだ。Cimg6845

勿論、稲荷は稲作に関係深いだろう。

それに秦の始皇帝の類縁の秦氏が、稲荷の起源に因縁が深い。

渡来の秦氏は、稲作だけではなく、養蚕や織物の技術をもたらした。Cimg6848

織物を「ハタ織物」と言うのも、そこからだろうか。

いずれにしても、稲荷は商売繁盛の神様になった。

その稲荷神社の総本山である。Cimg6851

稲荷山は、鳥居千本といわれる。

山頂まで鳥居のトンネルが続いているからだ。

一体、何キロあるのだろうか。Cimg6853

私達も、奥社を越えてかなり登ったのだが、

値上がり松付近で引き返さざるを得なかった。

実は、今回の東山36峰トレイルランのゴールが、

この稲荷神社の裏なのだ。

それで一度は、鳥居のトンネルを頂上までと思った。

せめて清少納言が休息したと言う、

「中の御社」までは登りたかったのだが・・・。

|

« ヤマトから日本へ | トップページ | 地方からの未来 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伏見稲荷:

« ヤマトから日本へ | トップページ | 地方からの未来 »