« 始動 | トップページ | 歴史と地勢 »

2009年1月 6日 (火)

土産と地域

その土地の味わいは、民力その物と言える。Cimg6948

かつて東海道の五十三の宿場を考えても、

その土地ごとに個性あふれる土産があった。

情報化の進展と共にそんなものは掻き消されて、

何処に行っても同じ景色、同じ食べ物や酒になってしまった。Cimg6949

旅行者にすれば、面白くないことこの上ない。

かつての宿場の土産も、その土地の知恵を集めて生まれたものだ。

そんな意味で、今、B級グルメを注目したい。

富士宮ヤキソバを契機にして、静岡県内にも様々な動きが生まれた。Cimg6952

その全てが将来に生き残るかどうかは別として、

この地域ならではのものを産み出そうとする努力は大切だ。

かつてある町で、レタスの自慢を聞かされたことがある。

「ここのレタスは違うのだ」と力説する。Cimg6927

たかがレタスと思うのだが、思い入れが違うのだ。

それ以来、私はそこのレタスのファンになった。

今日、ジュビロの本拠地磐田市のカレーを食べた

かつて磐田に赤松則良と言う男がいた。

幕末に、勝海舟と共に咸臨丸でアメリカに渉った男である。

彼はその後、日本海軍の創始にも大きく関った。

この日本でカレーをいち早く取り入れたのが、その海軍であった。

そんな縁にちなんで、磐田をカレーの町にと言う訳である。

磐田カレーには、磐田産の野菜とおもろ(豚足)が入っている。

市内の9つのレストランで、それぞれカレーの味を競い合っている。

たかがカレーだが、そんな遊び心の向こうに、結構な食文化があるかもしれない。

大いに発展を期待したいな~。

|

« 始動 | トップページ | 歴史と地勢 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 土産と地域:

« 始動 | トップページ | 歴史と地勢 »