« 里山の未来 | トップページ | スポーツ心臓 »

2009年1月14日 (水)

弱冠の頃

明日は小正月である。Cimg7027

一昔前まで、成人の日だった。

昔の話になるが、1967年1月15日を忘れない。

私の成人式の日であった。

その前日、友人の下宿に泊まって朝帰りになった。Cimg7025

その朝は、遠州地方には極めて珍しく、あたり一面の銀世界であった。

暖房のない式場では、みんな寒さに震えながら座っていた。

将来への幾ばくの不安の中にも、みんな活気ある希望を持っていたように思う。

あの辺りから、この国の一直線の高度経済成長が始まる。Cimg7024

人々の生活が、日毎に変わって行ったと言っても過言ではない。

私の初任給3万3千円だって、数年のうちに10万円を超えた。

今年1月の20歳の人口は、133万人だそうだ。

団塊の世代の私の同級生は、280万人もいた。Cimg7021

これからの貴重な人材である。

中国の古典「礼紀」によると、20歳をもって弱冠と言うのだそうだ。

学を修めて20歳で冠をつけるからだという。

寒い日が続いているが、あれ以来この地方の冠雪は絶えてない。

新成人の前途を寿ぎたい。

|

« 里山の未来 | トップページ | スポーツ心臓 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 弱冠の頃:

« 里山の未来 | トップページ | スポーツ心臓 »