« 新春のひと時 | トップページ | 梅一輪 »

2009年1月11日 (日)

湖西連峰トレイルラン

浜名湖の西岸、静岡県と愛知県の堺を南北に走る標高300m余の峰々。Cimg6993

それが湖西連峰である。

だから、左手に三河湾を、右手には浜名湖が見渡せる。

そんな素晴らしい眺望の23kmのコースが、Cimg6994

今日のトレイルランである。

冷たい北風の一日だった。

だけれど、豊橋RCの皆さんのサポートは素晴らしかった。Cimg7000

そのお陰で、今日一日をタップリと堪能出来たのだ。

一日が充実すると言うことは、

私達の誰にとっても得がたいことではなかろうか。Cimg7001

それが今日も出来たことを、感謝しなければならないだろう。

スタートは、二川駅近くの岩屋公園である。

そこから一気に尾根まで登って、Cimg6998

豊橋自然歩道を多米峠を経て本坂峠まで行く。

本坂から折り返して、石巻山がゴールである。

このコースは、林間を抜ける度に絶景が広がっていて、Cimg6999

ハイキングには申し分ない。

その分上り下りの連続で、ややきつめのトレイルと言える。

下りはともかく、長い登りでは次第に足の疲れを意識させられる。 Cimg7003

そのきついコースも、最後まで気分良く走ることができた。

恐らく、豊橋の皆さんのお陰だろう。

密度の高いコース表示に加え、Cimg7008

多米峠付近でのカレーライスのエイド、

本坂ではお汁粉と、冷えた体には何よりだったなァ~。

そうして走り終わってからは、石山荘での懇親会である。Cimg7010

例によって萩田さんの大会は、

走り終わってから盛大に盛り上がるのだ。

ところで石巻山は石灰岩の山で、Cimg7015

南北朝時代の城跡でもある。

山頂に上ると巨大な石灰岩の露頭があって、

国の天然記念物にも指定されている。Cimg7020

豊橋の町を眼下に見下ろすだけでなく、

走ってきた湖西連峰の山並みも大きく眺望できるのだ。

走り終わってから、Cimg7014

約20分程かけて標高380m余のこの山頂に登ってみた。

古城の余韻と奇岩が、何とも不釣合いではある。

だが、重たい足を引きずって登って 良かったな。

|

« 新春のひと時 | トップページ | 梅一輪 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

今日はお疲れ様でした。
今年初めての長いランでしたが皆さんよりずっと長く走れていい練習になりました。

そういえば、私はまだ石巻山の山頂行ったことにですね。今日も早くゴールしたら行きたかったですね。

投稿: とっちー | 2009年1月11日 (日) 23時00分

読ませていただきました。
  ありがとうございます。
そして
楽しんでいただきありがとうございました。
コースについても
少々厳しいが、眺めがいいと言われ
自信が持てました。
豊橋RCのみなさんの充実したサポートには
頭が下がります。
おかげ様で事故もなく
終えることができほっとしております。

投稿: ヒロボー | 2009年1月12日 (月) 10時07分

湖西連峰トレイルお疲れ様でした。

ご一緒できてうれしかったです。
小笠山の皆さんは 本当にいい仲間ですね。
素敵な仲間がいるということはなによりですね・・・
私もいつも仲間に励まされています。

今年は富士山にぜひ参加しようと思っていますのでまたお目にかかれることを楽しみにしています。
本当にありがとうございました。

投稿: ボウ | 2009年1月13日 (火) 08時58分

お疲れさまでした。本坂峠でお手伝いしました加藤です。パソコンは若葉マークです。さようなら

投稿: お手伝い参加 | 2009年2月 1日 (日) 17時32分

 加藤さん,その節はお世話になりました。あの寒さの中で、温かなカレーは心温まりました。
 多米峠は、県境の地ですが、仲間の峠になりました。温かい仲間が一杯居て、嬉しいな。
 小笠山のトレイルも、同じ気持ちさ。皆が楽しく一日を過ごせること、そいつが至上の喜びだよ。
 加藤さん、今年は小笠山に来てね。

投稿: 山草人 | 2009年2月 2日 (月) 20時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 湖西連峰トレイルラン:

» 湖西連峰トレイルラン [とっちーの「終わりなき旅」]
今年最初のランのイベントは、Hさん主催の「湖西連峰トレイルラン」だった。愛知県豊橋市岩屋町の緑地公園をスタートして二川自然歩道、豊橋自然歩道、神石山、多米峠、大知波峠廃寺跡、本坂峠折り返し、石巻山に至る約22.4キロのトレイルコースだ。登山道、林道がメインでアップダウンがきつく累積標高差は1412mある。高低図を見てもらえばわかるが平坦なのは最初の1キロくらいであとは全てアップダウンである。 今朝は今年一番の冷え込みでスタート会場にはブルブル震えながら向かった。会場にはすでにたくさんのランナーが... [続きを読む]

受信: 2009年1月11日 (日) 23時01分

« 新春のひと時 | トップページ | 梅一輪 »