« 科学と私達 | トップページ | 人生の甲斐 »

2009年1月22日 (木)

言葉の力

「イエス・ウィ・キャン」Cimg7050

近年で最も力を持った流行語だろう。

ドイツの昨年のl流行語大賞は、ずばり「金融危機」だった。

対してこの国では、「グ~」とか「アラフォー」だ。

何とも、取り止めがない。Cimg7044

果たしてこの国の人たちは、ノー天気なのだろうか。

たかが流行語だが、言葉は感性の反映だ。

夫婦の間だって、優しい言葉をかければ優しい反応が返ってくる。

強い詰問には、それ以上の逆襲にあう。Cimg7042

指導者の確信に満ちた言葉には、信頼を寄せる。

地域社会でも政治でも同じことなのだ。

この点、同質な人間がひしめき合って暮す日本では、

本音の議論と言うものをしない。Cimg6953

出来るものなら、阿吽の呼吸で済ませようとする。

だから言葉そのものの力を弱め、雰囲気に任せようとする。

気に入らないと、YKなどと小馬鹿にする。

そんな風潮は、声の大きな方に引っ張られかねないのだが。

ともあれ、今日のこの国の経済も異常事態に入っている。

「我々の直面している試練は本物」なのだ。

それに「世界は変わりつつある」のだ。

もはや「あら そぅ~」などと言っている場合ではなかろう。

|

« 科学と私達 | トップページ | 人生の甲斐 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 言葉の力:

« 科学と私達 | トップページ | 人生の甲斐 »