« 省庁と時代 | トップページ | 黙々 »

2009年2月21日 (土)

庚申

「庚申様」という集いが続いている。Cimg7197

恐らく江戸時代からずっとだろう。

豊作を祈念する名目で近所の親睦を図る会だ。

今でも年に4回ほど開かれていて、今日がその日だ。

私が子供の頃には、公民館なんてなかったから、Cimg7198

お膳が各家に順繰りに回ってきた。

何歳の頃だったか、朝から家中で準備したように思う。

ご馳走ったって、がんもどきや芋の煮っ転がしだった。

今でも、椀に飯を山盛りにして供え、皆で二礼二拍して、Cimg7199

供えたお酒とそのご飯を、少しずつ戴いてから会が始まる。

昔は村中みんな農家だったし、米の豊凶は死活問題だった。

だからこの庚申様も、何の不自然もなく続いてきたのだろう。

だが今日では、農家はほんの一部になった。Cimg7195

転居してきた若い人達も加わっているのだが、

この風をどう受け止めているのだろうか? 

フッと、戸惑ったりもする。

が、只会食するのではないところに意味があるのだ。

|

« 省庁と時代 | トップページ | 黙々 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 庚申:

« 省庁と時代 | トップページ | 黙々 »