« しぞーかおでん | トップページ | 桶ヶ谷沼と菜の花 »

2009年3月18日 (水)

男の甲斐性

世は、男女共同参画の社会である。Cimg7338

女性の社会進出は著しいし、育児休暇をとる男も増えている。

男女それぞれ適性もあるんだし、それはどうこう言うことはない。

だが富に昨今、男の出番が無くなったのは困りものだ。

一昔前の男達は、家族の目の届くところで働いていた。Cimg7294

父親の労働が、一家の生活を支えている実感というものがあった。

かつて給料袋が後生大事なものだったが、それも今では振込みだ。

私の家にTVが入ったとき、俺は親父を尊敬したね。

男の甲斐性って、これだと思った。Cimg7153

しかし今時、家電製品で驚くやつなんていない。

すべからく、「親父 すごい!」って思わせるところが無い。

つまり、男が尊敬されなくなったのだ。

その反面、女は得をしている。Cimg7152

おっぱいは強力な武器だし、家事そのものが威力だ。

それに金を握ってるのも女房だし、小遣いをくれるのも母親だ。

当然、態度まで次第に尊大になっていく。

結果として男は働き蜂に甘んじ、定年すれば濡れ落ち葉。

そんなの見てりゃ、男は草食系になるよな!

挙句の果てが、男用ブラジャーだ。

それで癒されてりゃ、この国はおしめーよ!。

|

« しぞーかおでん | トップページ | 桶ヶ谷沼と菜の花 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男の甲斐性:

« しぞーかおでん | トップページ | 桶ヶ谷沼と菜の花 »