« 農業は成長産業 | トップページ | 食べること »

2009年3月 8日 (日)

めだかの心

3ヶ月に一度、メダカの学校が開かれる。Cimg7268

その学校に、各地から個性溢れた皆さんがやってくる。

そうして、そのメダカのメンバーが交代で校長や教師を勤める。

今回は、「共助」共に助け合う心がテーマだった。

山間部に暮すO女子の講義では、「田舎の底力」が印象に残った。Cimg7267

田舎には、人を死ぬまで生かす??仕掛けがありそうだ。

つまり、ピンピンコロリである。

死ぬまで退屈することは無いという次第である。Cimg7265

森町のKさんの講義は、町興しの話だ。

町を変えようと灯篭飾りやら町並博、便所掃除など色々やってきた。

そうして気付いたのは、自分の大きな変化だった。Cimg7263

そこには、何事にも感謝する自分がいた。

Kさんは、便器を磨きながら自分の心を磨くのだと結んだ。

そう、毎度素晴らしいお話を聞くことが出来る。Cimg7262

だが本来、人というものを理解するのは、相当に難しいものだ。

その理解の手がかりを、このメダカの学校では僅かに与えてくれる。

だがそれは、一年に4度でしか無い訳で、意思疎通には程遠い。

人を本当に知りたかったら、個別に訪ねていく他なさそうだ。

私もメダカの一人として、もっと泳ぎ回る必要がありそうだ

折角、メダカの心に触れているんだからな~。

|

« 農業は成長産業 | トップページ | 食べること »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。先日はご苦労様でした。お話ししようとしたんですが、早めに変えられたようで残念でした。「めだかの学校http://medakanogakkou.hamazo.tv/」のブログを立ち上げています。リンクもしていますのでご了承ください。
個人的にも「森の元気屋風の便りhttp://morigenkiya.hamazo.tv/」を立ち上げていますので、良かったらご覧ください。

投稿: 森のめだか | 2009年3月10日 (火) 00時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: めだかの心:

« 農業は成長産業 | トップページ | 食べること »