« 海老茶式部 | トップページ | 男の甲斐性 »

2009年3月17日 (火)

しぞーかおでん

静岡市には、チャツキリ横丁なんてのがあって、Cimg7323

小さな屋台風の一杯飲み屋が軒を連ねている。

そのどの店にも、おでん鍋が客の目の前にあってぐつぐつと煮立っている。

何時の頃だったか、その鍋の汁が年代ものだと聞いて驚いたことがある。Cimg7326

そんな静岡のおでんを、キリン麦酒がキャンペーンに乗せた。

折からのB級グルメもあって、こいつが一気に人気商品になった。

それで今では、おでんのお土産まで売られている。Cimg7325

そんな折、おでん祭りなるものが開催された。

青葉通り界隈には無数の屋台が出て、並んで買い求める風景となった。

非日常的な催しだし、食い物には人が集まる。Cimg7324

大変な人出になったのだが、問題はおでんが大量生産?出来るか否かである。

ぐつぐつと年来のだし汁で煮込まれたヤツが、しぞーかおでんのはずだ。

それが即興の煮込みを食わさせたんじゃ、名が廃るってもんだ。

やっぱりアレだね。Cimg7322

一杯飲みながら「おかみさん! 厚揚げと大根。」などと言うと、

「あいよ!」と辛子をのせて汁をかけてくれる。

あの、顔の見えるのがオデンだよね~。

|

« 海老茶式部 | トップページ | 男の甲斐性 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: しぞーかおでん:

« 海老茶式部 | トップページ | 男の甲斐性 »