« 人生を楽しむ | トップページ | 不忍池 »

2009年3月27日 (金)

三菱の館

不忍池の近く、まさに池之端にその旧邸宅がある。Cimg7404

岩崎弥太郎と弟の弥之助の築いた三菱の旧岩崎邸である。

建設された明治29年当時には、

堀を巡らせた5,000㎡の敷地に弐十棟余があったという。Cimg7409

現在は、洋館と書院造りの和館を残すのみだが、

越後高田藩屋敷跡に築かれた豪壮な館に驚く。

もとより弥太郎は、土佐の郷士くずれの地下浪人に過ぎなかった。Cimg7411

その男が幕末、算術を見込まれて藩の通商を担当する。

坂本竜馬との縁もあったりするが、

明治になって、藩の借金ごと大阪の蔵屋敷を貰い受ける。Cimg7410

それがもとで運輸業者として大発展するのだ。

明治17年に弥太郎が没すると、後を弟の弥之助が引き継いだ。

日本郵船を始めとして、炭鉱やら銀行業にも進出して三菱財閥を形成する。Cimg7408

遂には、日本銀行総裁にまで納まるに至るのだ。

その飛ぶ鳥を落とす勢いの頃、この屋敷は建てられている。

弥之助がそうしたであろう座敷で抹茶を戴きながら、Cimg7403

明治維新という革命の産み出した数奇を思った。

|

« 人生を楽しむ | トップページ | 不忍池 »

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三菱の館:

« 人生を楽しむ | トップページ | 不忍池 »