« 敢えて試練に | トップページ | 清水の夜桜 »

2009年4月 9日 (木)

勧修寺

京都山科の古刹である。Cimg7594

西暦900年の創建で、菊のご紋の山門からして雅な寺だ。

寺には氷室と呼ばれる池があって、

平安の昔、毎年1月2日にはこの池の氷を宮中に献納したと言う。Cimg7595

その氷の厚さで、その年の五穀豊凶を占ったのだ。

この池の淵に観音堂があって、桜の花が取り巻くように咲いていた。

池越しのこの眺めは、風雅としか表現の仕様が無いだろう。Cimg7596

雅の訳は、この寺の由緒にもあった。

醍醐天皇が、母の菩提を弔うために創建したとある。

その後歴代の、親王などが入寺する門跡寺院だったのだ。Cimg7597

そんな訳で、尊王思想の水戸光圀も大型の灯篭をこの寺に寄進している。

その独特な形の灯篭は、石を思わせないつくりで、Cimg7599

樹齢750年のハイビャクシンに半ば埋もれていた。

今昔物語集には、醍醐天皇の母親の出生について記述がある。

藤原高藤が、山科での猟の途中雷雨にあう。Cimg7598

その時、雨宿りしたとある家で乙女と契りを結ぶ。

その折生まれたのが、醍醐天皇の母となる列子だという。

京都には、千二百年の歴史が詰まっている訳で、

その分、古の人々の思いも色濃く残している。

|

« 敢えて試練に | トップページ | 清水の夜桜 »

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 勧修寺:

« 敢えて試練に | トップページ | 清水の夜桜 »