« 清水の夜桜 | トップページ | 大河の一滴 »

2009年4月11日 (土)

青蓮院を訪ねて

法然上人が念仏の根拠地とした巨大な知恩院の隣に、Cimg7602

粟田御所と呼ばれた門跡寺院がある。

それが青蓮院である。Cimg7605

比叡山の僧坊の青蓮坊を起源とし、

親鸞が修行した寺としても知られる。

鎌倉時代には、代々親王や摂関家の子弟が座主となった。Cimg7607

幕末、尊皇攘夷派の公卿として登場する青蓮院宮(後の久邇宮)は、

この青蓮院の門主であった。

この宮様は、庭中の好文亭などで志士達と密会を重ねたのだと言う。Cimg7608

好文亭は、天明年間には上皇の学問所にもなった。

庭には、多くの山紅葉の中に馬酔木や桜の花が咲く。

粟田山を借景にしたその庭は、雄大で伸びやかだ。Cimg7603

が、何と言ってもこの寺院の圧巻は大楠である。

歴史の流れを見続けてきた五本の大楠が、

人生の何たるかを語りかけているかのようだ。Cimg7609

|

« 清水の夜桜 | トップページ | 大河の一滴 »

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青蓮院を訪ねて:

» 青蓮院 [京都PHOTO**]
花見に・・・行かずにあまりにも暑かったので、 避暑地を求めてさまよっていると、青蓮院へたどり着きました。 ここ最近のお気に入りの場所です。 「桜」で賑わっている東山なのですが、青蓮院は人もまばら。 なぜでしょうか・・・?となりの知恩院が有名すぎるから? こんなにいい場所なのに・・・ま、人が少ないのはいいことです。 お目当ての「クスノキ」も青々とした葉で覆われ、ますます立派に見えました。 青蓮院は魅力満載です。 なんといっても、お庭が・・・良い感じなのです。... [続きを読む]

受信: 2009年4月11日 (土) 22時05分

« 清水の夜桜 | トップページ | 大河の一滴 »