« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月31日 (日)

囲碁

第30回世界アマチュア囲碁選手権大会が袋井市で開かれた。Cimg7961

毎年日本のどこかの都市で開かれてきたのだが、

今年は、69ヶ国・地域から69名の選手が出場した。

日本で開かれるのだが、優勝はほとんど中国か台湾、韓国の選手だ。

日本ではプロの世界があるからだろうか、アマであんまり強豪がいない。Cimg7960

大会を覗いてみると、言葉の通じない相手同士が無言で対局している。

碁の世界は不思議なもので、盤面で会話が出来るのだ。

実は私は、日本棋院の初段だ。

学生時代に熱くなって碁を打った。Cimg7959

それで30年ほど前、やっと初段の免状を手に入れた。

この点、どこのかの知事とは訳が違う。

だがその初段取得後は、とんと囲碁の世界からは遠ざかってしまった。

だから今、どの程度の碁が打てるか自信は無いが、Cimg7958

あの対局の緊張は良く分かる。

盤面を見詰めていて、足から血が引いて冷たくなっていく。

全ての血流を脳に集めるのだ。

対局していると、そんな気分になる。Cimg7571

だが碁は、人と人とを相当に親密なものにする。

この国の基礎を創った大久保利通は、島津久光に近づくために碁を使った。

短期に久光と互角に打てるようになったのだから、相当な頭脳と言える。

やがて彼はその殿上の力を使って、明治維新へと時代を動かしたのだ。

碁は、世界観を養うものでも有る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月30日 (土)

借金

いやさ、国の借金の話だ。Cimg7952

財務省の発表では、08年度末の国の債務残高は846兆円だそうだ。

そいつが09年度末には、924兆円になる。

日本の人口は、1億2,760万人だから、

一人当たりの借金は、724万円になる。

さしずめ家族五人なら、3,600万円の借金である。Cimg7939

いくらなんでも、限界と言うべきだろう。

借金は普通、返済計画を立てて月々返済していくものだが、

この国の借金は、何故か自転車操業で増える一方だ。

それに担保も保証もない。

それでも国民は、安い金利で国に貸し続けている。Cimg7953

実は国の借金は、いずれ税金で返済する他無い。

その税金は、所得税や法人税、消費税だったりする。

が、消費税以外は上げてももう限りがある。

とすると近い将来、消費税を思いっきり上げる他ない。

つまり、ツケは国民が払うしかない。Cimg7607

そいつを主導しているのは、政治屋だ。

お上が何とかしてくれるなんて思っていると、

何ともしてくれなくてさ!!

政治家こそは、疑ってみたほうがよさそうだ。

彼らが辞職したって、責任にも何にもならないんだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月29日 (金)

朝の輝き

私の朝は、ブドウ棚の下で始まる。Cimg7955

この時期ブドウは粒も急速に肥大するし、

枝だって少しでも伸びようとしている。

その無駄な枝を除き、混み合った粒を摘除するのが朝の作業だ。

作業始めてしばらくすると、太陽が昇り始める。Cimg7956

この旭日の鮮光が、枝の隙間からビームのように差し込んでくる。

その眩しさを、ブドウ達と共に味わっている。

そして潅水作業を始めると、

蛇口からほとばしる水の粒がガラス玉のように輝く。Cimg7957

それらは、印象派の画家達の描く光の点描のようですらある。

正に、旭日の生気を実感する一時なのだ。

やがて、ひとしきりの作業を終えて朝食となる。

食卓の朝刊の上にも朝日は届いている。Cimg7954

だがそれは、既に光の粒が拡散してしまっている。

そんな光の変化に促されて、勤務先への動きを始める。

光は、全ての始まりである。

言うまでも無く植物にとっての光は、エネルギーそのものだ。

そして私達人間も、

その植物と同様に光をエネルギーにし、

活力を再生する時代なのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月28日 (木)

住民自治

日本人に、自治なんてことが馴染むのかどうか疑問に思っている。Cimg7635

幕藩の昔から、上意下達はこの国の倣いであった。

年貢減免を求める一揆こそあったが、人々は民でさえなかった。

明治中期に議会代議員制が導入された。

だがそれは統治の仕組みであって、自治とは程遠いものだった。Cimg7432

今でも議員には、当局のチェック機能しかない。

それでさえ、何時の間にか職業化してしまっている。

高給を食んでいるにも係わらず、賛否の徒でしかないのだ。

畢竟、議員が住民自治だとはとても思えない。Cimg7633

それでは、自治会か?

自治会には連合会があって、しきりに活動の活性化を叱咤している。

さりながら、その受け手の住民に、

どれ程の自治意識が育っているだろうか?Cimg7565 

むしろ受身の姿勢だ。

自分の生活第一は当然としても、

ボランティアの自治活動に動くのは役員ばかりだ。

連合会からは、Cimg7604

地区福祉推進協議会、地区安全会議、地区防災委員会etcを作れと、

せっつかれている。

暴力的投票で役員にさせられた私は、

この四月から二ヶ月、既に14日もの会合等に引っ張り出されている。

これはもう、ボランティアの域を超えていると思う。

手当ては月二千円、年間で二万四千円が支給される。

果たしてこの国に、こんな自治なるものが必要なのかどうか・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月27日 (水)

ミツバチ異変

ミツバチの社会が崩壊を始めている。Cimg7773

群れの失踪や大量死が相次いでいるのだ。

思えば近年、ミツバチを取り巻く環境は激変した。

花が減ったと言うことではなくて、労働過多になったのだ。

旧来からのミツバチは、春から秋まで花を追って移動し、Cimg7948

冬には冬眠する仕組みだった。

ところが近年では、ハチは一年を通じて貴重な労働力になった。

10月頃から花の咲くイチゴ栽培にとって、

花粉交配の作業にミツバチは欠かせない。Cimg7813

トマトやスイカ、メロンだって同じだ。

つまり施設園芸のお陰で、ミツバチは年中働かされる羽目になった。

勿論、激務で冬眠なんてしてる暇は無い。

それにハウスの中は同じ花ばっかりで、つまり栄養が偏ってしまう。Cimg7949

高温多湿なハウスの中は、ミツバチにとって果たして快適かどうか?

当たり前のことだが、病気にだってなり易くなる。

と言う訳で、ミツバチが激減しているのだ。

この話、何だか私達にも身につまされるよね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年5月26日 (火)

唐松

私のように暖地に住む者には、Cimg7950

唐松のリンと整った樹形には独特の情感を感じる。

唐松は落葉松とも書き、針葉樹でありながら落葉する。

それに唐と書くからといって中国原産ではなくて、

日本古来の木なのだ。

雪深い長野県ではこの木が圧倒的に多くて、Cimg7936

人工林の半分は唐松なのだそうだ。

私達のウルトラマラソンも、その唐松の林を縦横に走る。

風に吹きちぎられた未だ柔らかなその枝葉が走路に散っていて、

そこはかとない哀れを思ったりした。

そう言えば北原白秋の「落葉末」に、Cimg7935

「からまつの林を過ぎて、からまつをしみじみと見き

からまつは寂しかりけり 旅行くは寂しかりけり

世の中よ哀れなりけり 常なれど嬉しかりけり

山川に山川の音 からまつにからまつの風」とある。

今改めて、あの八ヶ岳の唐松を思い出している。

唐松は、冬の試練に耐えて立つのだと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月25日 (月)

米の生産調整

田植の真っ最中である。Cimg7931

が、その風景は随分変わった。

かつて農村は、学校が休みになったほどの繁忙期だった。

その転機となった休耕政策は、昭和45年に始まった。

食糧増産が一転して、米が過剰になったのだ。Cimg7946

原因は、食生活の変化だ。

パンや麺、肉や油脂類を食べるようになったからだ。

勿論そのほとんどは、輸入農産物である。

当然食料自給率も下がって、40%になった。Cimg7930

それでも米の生産調整は、40年も続いてきた。

生産を減らすことのために、何と40年も金と労力を費やしてきた。

それでも、基本的に何も解決を見ていない。

農家はこの間、水田に不向きの麦や大豆を補助金付で作ってきた。Cimg7944

その生産調整を、農林水産大臣が見直したいと言い出した。

ところが、農業団体までが反対だと言う。

米価が下がるから反対だと言う。

しかしだ、こんなことを何時までやりゃ良いのか?Cimg7933 

米価が下がれば、主食も米粉も消費が増えていく。

生産者だって、直播を含めて生産性を上げるだろう。

その上で、一定水準の所得を政府が保証すれば良いのだ。

世の中、百年河清を待つでは進歩はあるまい。Cimg7943

基本的に水田は、水稲を栽培するところなのだ。

そして、日本の歴史と日本人を育てたのは、弥生以来の稲作農耕なのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月24日 (日)

ダム湖

私が高校生の頃の話だ。Cimg7942

友人と二人で、佐久間ダムを見に行こうと言うことになった。

早朝のまだ暗いうちに家を出て、自転車で佐久間に向かった。

片道60km程かと思うが、当時はまだ舗装がなかった。

トラックの土煙に閉口しながら、坂道を登っていって、

やっと午後二時頃にダムに到着した。Cimg7947

その時の巨大な堰堤と、無機質なコンクリートの感覚を今でも忘れない。

佐久間ダム建設は、高度経済成長への号砲となった事業だ。

水と電気の確保は、産業の発展には必要不可欠な条件だったからだ。

ダム湖で握り飯を食べて折り返し、帰宅はもう夜になっていた。

友人は、その時の土煙と過労が原因でしばらく胸を患った。Cimg7941

それはともかく今、ダムを巡る環境は著しく変わった。

試験淡水で満水になった太田川ダムを眺めながら、

45年も前のことを思い出してしまった。

しかし、ダムは地域を一変させる。

新しい自然と環境を作り出す。

佐久間だって、ダムが無かったら只の過疎の山里でしかない。

反対すりゃ良いってもんじゃないよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月23日 (土)

隠居考

少子高齢化の時代である。Cimg7927

年金も65歳までは満足に出ないし、当今では隠居どころではない。

20年ほど前には、その年金だって55歳から支給されていた。

それに圧巻は、江戸時代の隠居制度だ。

親父が隠居しない限り、武家奉公の息子の出番はない。Cimg7852

だから大抵は、随分若くして隠居となった。

隠居すれば、もう老いては子に従えである。

変化の少ない時代とは言え、呑気に晩年を過ごすことができた。

晩節と言う言葉が有る。Cimg7798

老後若しくは、晩年の節操のことを言う。

人間、晩年を爽やかに生きられる人は幸せだ。

ところが、大抵は物事に執着するようになる。

特に権力を握って居たりすると、大変な失態をやらかすことになる。Cimg7797

秀吉や毛沢東はその典型であろうか。

はてさて、90歳位までは生きられる時代である。

金も権力もないし、楽隠居も出来ない私なぞは、

やはりアレだね。

世のため人のため、死ぬまで生きることだな !

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月22日 (金)

季節の感性

二十四季節の小満、草木長じて満ちる頃となった。Cimg7851

で、我が家のヤマホウシが満開である。

同じ仲間のハナミズキと違って、質素で涼やかな和風を感じさせる。

この花が咲くと梅雨入り間近になるのだが、

花が例年よりも少しばかり早いようだ。Cimg7929

一方ハナミズキは、最近では街路樹としてよく見かける。

この木は、日本が贈った桜の木の返礼に米国から移入された。

だがこの木は、戦争で敵国の木とされて一旦は姿を消してしまう。

当時の日本人の精神風景の一断面として、象徴的な出来事だろう。Cimg7934

ともあれ今年の気象である。

私の作っている葡萄も10日ほど開花が早かった。

既に2回目のジベ処理を終え日に日に粒が膨らんでいる。

植物は、気象を素直に受け取っているのだが、Cimg7850

その現象を起こしている異変の原因が気になる。

日本上空の二酸化炭素濃度が、観測史上最高値を記録したそうだ。

よもや私達は、自然や気象を支配できると思っているのだろうか。

それとも、ただの無責任か。

私達人間も、その自然の一部だと言うことを忘れてはなるまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月21日 (木)

生き様と習俗

私達の信仰心は、薄れていく一方だ。Cimg7924

勿論イスラムのジハードなぞは、とても真似のできないことだ。

しかしながら近世までのこの国は、

大方が信仰心に満ちた生き方をしてきたようだ。

明治9年に起こった熊本の「神風連の乱」などは、Cimg7925

刀を神道の象徴として、廃刀令などの欧化に反対するものだった。

彼らは決死の蜂起だったし、事実皆死んだ。

人間などと言うものは本来、

極端に宗教化しない限り自ら死ねるものではない。Cimg7926

それよりも人々は、自然を崇めることで自然とつながって生きてきた。

人為よりも自然の営みにこそ畏敬を感じてきたのだろう。

だから山の頂には神社を配し、

水辺には水神を祭った。Cimg7928

道端には羅漢や馬頭観音を配した。

自分達の生活を取り巻く全てのものが神だった。

そんな痕跡が、山間部には色濃く残っている。

俗化した都市周辺部は、明らかに人間が勝ち誇っている。Cimg7932

その分、多分に風情と言うものが無くなった。

神は、人間のおごりを戒め律するものだったのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月20日 (水)

富士の芝桜

本栖湖近くの芝桜を見てきた。Cimg7856

ナスカの地上絵の例を上げるまでもなく、

大地をキャンバスに壮大な絵を描くのは、

私達の遊び心をこよなくくすぐるものだ。Cimg7859

それも桜と違って、あの小さな芝桜である。

限りなく手間隙のかかる作業を繰り返して、

そうして、この春の一瞬を迎えるのだ。Cimg7853

私達が訪れたのは、もう花の盛期を少し過ぎた頃だった。

それでも休日とあって、大変な人々の群れが押しかけていた。

だが、何分地上絵である。Cimg7858

人々の群れが蟻のように絵の上を這っている。

俄然、ただ一人でこの花の広がりを眺めたい気分になる。

しかしながら、このパノラマを整えた人たちのことを思えば、Cimg7855

天晴れと言う他あるまい。

富士山から吹き降ろす霧は、

この地域の自然そのものなのだ。Cimg7854

富士山麓の人々の営みと遊び心に感謝しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月19日 (火)

嵐後

一夜明けた八ヶ岳は、メイストームが嘘の様に晴れ上がっていた。Cimg7919

体の節々の痛みだけが、昨日の苦闘を思い出させている。

人間と言うものは不思議なものだ。

あんなに苦しかった事をすっかり忘れてしまっている。Cimg7916

冷雨や風は、私達の思い出を鮮烈に彩っただけなのだ。

鋸の歯の様な赤岳や横岳の残雪と唐松の緑は、

あそこを走ったのだと言う感慨を、Cimg7921

より一層印象深く伝えているようだ。

木の葉のそよぐ軽い音の中に、鳥達の声が交じり合い、

枝から枝えとリスが走り、カケスが飛ぶ。Cimg7920

嵐から開放されて、彼らも私達を見物するかのようにはしゃいでいる。

仲間達は、乗り越えてきた困難を語らっている。

それは驕りでも何でもなくて、明日への力なのだ。Cimg7922

語ることをしない仲間だって、その顔は充実感に満ち満ちている。

人間とは不思議なものだ。

万全の準備をして困難に立ち向かった者には、Cimg7923

結果の如何を問わず明日があるだけなのだ。

体と心はつながっている。

困難の後にこそ喜びがある。

人間とは不思議なものだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年5月18日 (月)

苦闘

八ヶ岳は、朝から一日嵐だった。Cimg7861

朝五時、強い寒風と雨を突いてのスタートになった。

山梨学院大のチアリーダー達の笑顔に送られて、2,600人が山に向かう。

八ヶ岳は、圧倒的な唐松である。 Cimg7910

その唐松の針のような葉が濃い緑に染まって、

その合間にダケカンバやシラカバ、ミズナラの新芽が伸びだしている。

その木々の緑を透かすように、主砲の赤岳や横岳、硫黄岳が聳えている。Cimg7911

だが、クリーム色のガスと雨で、後ろのランナーすら見えない。

主催者の坂本雄次さんは、「絶好のコンディションになりました」と言った。

最も過酷な条件になったと言う意味だ。Cimg7912

体が元気なうちはまだ良い。

70kmを過ぎた馬越峠では、疲れた体に氷の様な風が吹きつける。

手はかじかんで、ちょつとでも休むと体が震えだす。Cimg7913

とにかく走り続けるしかない。

エイドのボランティアが震えながら「皆さんも雨の中、物好きねェ」と呆れていた。

が、こちとら雨だからって、人生止める訳にゃいかねぇんだ  !。Cimg7914

頭はガンガン痛くなるし、

既に足は棒のようである。

それでも1kmを9分くらいのスピードで走り?続けた。Cimg7915

何時かこの苦しみも終わりが来る。

13時間32分、荒れ狂う風雨の中をゴールである。

心身ともに嵐のような一日が終わった。

100kmは、かくも遠いものなのだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月17日 (日)

松原湖の宿

かつて冬季の松原湖は、天然のスケート場だった。

それが今では、それほど厚い氷が張らなくなってしまった。Cimg7361

それで田んぼを均して人工のスケート場が出来た。

勿論、電気で凍らせるのだ。

このあたりは甲斐の国のすぐ隣で、諏訪神社の末社があったりする。Cimg7768

武田信玄の政略の地だったようだ。

昨日も例年のように、そんな雰囲気に浸りながら湖を一周した。

100kmマラソンは、野辺山駅近くをスタートして、標高1,800mくらいまで登る。Cimg7771

そこから林道を下ってくるのだが、その途中にこの湖があるのだ。

スタート地点から43km付近で、いよいよウルトラの世界が始まる所だ。

民宿の叔母さんが、毎年、宿の門口で私達を待っていてくれるのだが、Cimg7360

この15年の間に、宿の方もすっかり代替わりした。

年寄り夫婦は亡くなったし、赤ちゃんだった娘が民宿を手伝っている。

15年という時の経過が「風と共に去りぬ」なのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月16日 (土)

15年目の八ヶ岳

この15年、毎年八ヶ岳東麓の100kmを走ってきた。Cimg7806

14回のその度に、忘れられない様々なドラマがあった。

流れる涙でゴールの光が、すりガラス越に見えたこともあった。

朝からの雨の中を走り続けた一日もあった。Cimg7848

気の遠きなるような峠坂では、座り込んだ走友を励まし続けたっけ。

落雷と冷雨の中で、リタイアを覚悟した時の事も忘れられない。

あの道の途中の、「今年も来たねっ!」って励ましてくれたお婆ちゃん達は元気だろうか。Cimg7849

そんな思いと共に、また八ヶ岳に来ている。

定宿が、松原湖の近くにある。

松原湖のほとりには、ゆっくりと早春の時間が流れている。Cimg7786

明日の天気が心配だが、今夜は早く寝て午前三時には宿を出よう。

そして明朝五時、八ヶ岳を目指して坂道を駆け登るのだ。

きっと、走り通して見せよう!。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月15日 (金)

貿易収支

昨年の日本の貿易黒字が、前年から9割減ったそうだ。Cimg7415

国際収支速報の数字である。

経常収支では50%の減少で止まったようだが、

貿易黒字そのものは、9%ではなく90%減少なのだ。Cimg7393

貿易統計ベース(運賃、保険抜き)では、既に7,253億円の赤字である。

世界的不況だから仕方ないとの見方もある。

だが極論すると、欧米の家事用ナ消費が無くなった為だろう。Cimg7620

米国は、国ぐるみ借金消費を続けてきた。

それが崩壊した訳で、借金生活が無限に続く訳が無い。

その米国消費の復活を期待しているとしたら、Cimg7814

お人好しもはなはだしい。

もう既に、発展途上国の清朝と先進国の需要減は基調なのだ。

日本の海外貿易は、1859年の横浜開港から始まった。Cimg7834

茶や生糸を輸出して、機械や武器を買ったのだ。

もちろん大幅な赤字だった。

今年は、ちょうどそれから150年目になる。

貿易立国なるものの、在り方そのものが問われているような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月14日 (木)

未来創成

某大学のビジョンである。Cimg7847

オランダのライデン大学創設の由来を上げるまでもなく、

大学と言うのは人々の未来への期待の星であった。

そうして事実、大学からは新しい考え方や、

科学が次々と産み出されて来た。Cimg7843

だが時代の変化は著しく加速し、何時の間にか大学のイメージが変わった。

大学は、単なる教育機関と考えるようになったのだ。

大くの若者が挙って大学に行くようになって、

時代の創造なんて言ってられなくなった。Cimg7846

それに大学も、生徒が集まらなくては経営できない。

大学の変質は、止む無い物だったかもしれない。

未来を切り開く研究には、金も時間も必要な訳で、

それに、優れた研究者が優れた教育者とは限らない。

またその逆も真なのだ。Cimg7844

それでも、大学は未来創成を理念として掲げ無くてはならない。

それには大学が社会や産業から学ぶことだ。

社会連携にこそ研究や発見の種が有るのだ。

大学の存在価値は、既に孤高ではなくなっている。Cimg7845

人材育成や産業創造に汗をかいてこそ、大学の未来があるのだ。

先日、大学のシンポジュームでそんな事を喋った。

ちょつと、真面目過ぎたかな ! !

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月13日 (水)

異空間

私達は普段、見慣れた景色に囲まれて生活している。Cimg7794

通勤の途上にしても、毎日の事でその微妙な変化にも気を払わなくなっている。

時に農村や山村に出かけたりすると、

その古くからの生活のにおいを懐かしく思ったりする。

日頃の自分の生活空間と異なった何かを感じているのだ。Cimg7795

浜松市の西区和地に、ドゥソールと言うレストランがある。

南フランスの古い農家のような建物が幾つか建っていて、

そのレストランが、まるで地中海の一角に在るかのような雰囲気になっている。

年を経て湾曲したかのような屋根にも、Cimg7796

ケーキを売る納屋のような小さな小屋にも、

分厚い板で作られたドアにも、

数百年前の南仏やトルコの生活を感じてしまうのだ。

その異空間に身を置いていると、Cimg7797

仮にフランス語などが聞こえてきたりしたら、

それは日本だとは思えないのかもしれない。

その小さな小屋でケーキを一つ買って、Cimg7798

その異空間で春の穏やかな一時をゆっくりと味わってみた。

雑念を払底したその一時は、琥珀の味がした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月12日 (火)

永久の価値

江戸期の270年は、限りなく変化を抑止した時代だ。Cimg7765

徳川家の転化を維持することが最大の眼目だったから、

人の移動も制限されたし、発明や改変は罪に問われもした。

が、全てが停滞していたかと言うとそうでもない。Cimg7769

文化や芸術はむしろ発展した。

それに、結構心豊かで無駄の無い社会だったようだ。

翻って明治以降は、変化と発展こそが価値になった。Cimg7764

石油や石炭を掘り出してこれを湯水の如く使うことで、

無限の成長が出来ると思い込んできた。

企業は、毎年の成長度合いが最大の価値基準になった。Cimg7763

不況下の今日だって、経済の成長率は大きな関心事だ。

だけど、資源の底はもう見えてきたし、地球の環境限界も分かりつつある。

人類にとって、経済成長が本当に必要なのかどうかが問われるようになった。Cimg7609

経済成長じゃなくて、本当の幸福度の充実を競うことが出来ないか。

どうもそれは、持続可能なシステムの中にありそうだ。

そして農林業は、無から有を生む最大の産業かもしれない。

江戸時代というのは、その有る意味でのモデルと言うべきだろう。

企業なり社会の持続力こそが、

やがて最大の価値になるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月11日 (月)

安息

まったく、不思議な感覚と言うべきだろう。Cimg7804

毎朝、九時頃から始めるジベレリン処理が楽しいのだ。

ぶどう棚の下を、満開の花を探しては浸漬していく。

ほぼ二時間、この作業が続く。Cimg7840

それが無性に楽しいのだ。

気分は、これからの稔りに乾杯する感じだろうか。

と言うのも、このところずっと棚付けやら花房整理に追いまくられてきた。Cimg7803

枝葉伸び放題になるし、房も巨大になってしまう。

そいつをちゃんと整えてやらなくっちゃいけない。

その際限もない作業を終えての、安堵感が有る。Cimg7802

小さな達成感だろうか。

葡萄作りは根気勝負だ。

棚付けにしても、玉抜きにしても苦にし始めたら気が遠くなる。Cimg7841

だけどこのジベレリン処理は、とりあえず追われるということがない。

「乾杯」で済むのだ。

ジベ処理を終えると、日一日と粒の膨らみが感じられるようになる。

やがて又、雀やハクビシンとの戦いが始まるのだ。

そうしてみるとこの時期は、しばしの安息なのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月10日 (日)

丸子の茶

今日は、静岡市丸子の村松二六さん宅を訪れた。Cimg7824

村松さんは、丸子紅茶のパイオニアである。

その村松さん宅で、香春の釜炒茶と紅ふうきの紅茶を造った。

お茶と水研究会の例会なのだが、例によって楽しい一日になった。Cimg7816

前日から萎調させてほのかな香りを放つ茶葉を、

ドーム状の釜で20分程炒って殺青する。

それを圧揉して乾燥させれば、薫り高い釜炒茶になる。Cimg7818

紅茶は、最初に揉んで、その後二時間ばかり醗酵させる。

この間にポリフェノールが重合して褐色になっていく。

それを乾燥させると、僅か半日で紅茶が出来てしまった。Cimg7828

それが又、それぞれ天下一品の味わいなのだ。

お茶と言うものは、私達にとって実に不思議なものだと思う。

かつては薬でありミネラルであったが、Cimg7833

今では程よい嗜好品である。

凝ればこるほど不思議な味わいに遭遇できる。

その味わいが、微妙であればあるほど、Cimg7837

人生の妙味にも比肩する。

私なぞ、浅薄な歩みしかしてこなかったのだが、

それでも少しはお茶の味が分かるようになってきた。Cimg7835

これもひとえに、先輩諸氏のご薫陶のお陰と思っている。

ところで丸子は、日本紅茶の発祥の地である。

幕末、驀進だった多田元吉が住み、

紅茶製法をインドに学んで輸出茶の振興に努めた所だ。

その紅茶を復元したのが村松二六さんだ。

はてさて、昼食には丸子名物のトロロ汁を頂いて、

先輩諸氏のご高説も有り難く拝聴できた。

美味しい一日であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 9日 (土)

私の小笠山

小笠山との濃密な付き合いは、もう20年にもなる。Cimg7805

丘陵は、東海道線の直ぐ脇にありながら、

6,000haもの自然林が広がっている。

標高264m、隆起した三角州が雨水でえぐられて、Cimg7811

その幾つもの尾根が、南に向かって手の指のように伸びている。

江戸時代には、横須賀藩が入山料を取って薪炭を刈らせたらしい。

それが今、土砂流出防備保安林として、二次林化が進んでいる。Cimg7809

その尾根道を、もう20年も走り続けているのだ。

その尾根には、姥目樫の蒼林が続いている。

小笠山は礫で出来ている山だから、Cimg7810

ことさらその尾根の部分は乾燥し易い。

結果として、乾燥に強い姥目樫が生き残ったのだ。

痩せ尾根にしがみ付くようにして生きているのだが、Cimg7808

何れも大木とは言えない。

果たして、何時の頃から生きているのかと思ったりする。

木の太さでは計り知れない苦労を、彼らに感じるからだ。Cimg7812

その独特の山の空気を吸って、林間の小道を躍動していく。

天空からは、緑のステンドグラス越しに曙光がさしこんでくる。

その照葉からの木漏れ日が心を浮き浮きとさせてくれる。Cimg7807

小笠山は、私のこよなく愛する山なのだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年5月 8日 (金)

ちびまるこ

大型補正予算百億円余を投じて、漫画とアニメの殿堂が出来るそうだ。Cimg7709

果たして如何なるものが出来るのか!!

電車でも、立派なオジさんが漫画本を開いていたりする。

私は活字派だから漫画は苦手だが、

文字と形が同時に知覚できる訳だから、Cimg7711

よりイメージが広がるのかもしれない。

それに孫達にとっては、アニメは飯よりも大切と来ている。

殊に、アンパンマンは絶対の人気だ。

ドキンちゃんのキャラクターも、実に心憎い設定ではないか。Cimg7710

あのアンパンマン、実は日本神話に原点があるのだとか?

ともあれマァ~、漫画文化と言うものをもっと評価すべきかもしれない。

JR静岡駅に、ちびまるこの観光案内が帯状に続いている。

あのトツトツとしたまるこチャンのイメージと、Cimg7708

次郎長や富士山、安倍川餅や茶の街が微妙にフィットしている。

そう、ちびまるこの作者は、清水出身のさくらももこさんなのだ。

アニメの殿堂を、漫画喫茶だと目くじら立てるのも大人気ないな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 7日 (木)

大学と職業と

先日、日本の大学教育が産業発展にあんまり貢献していない。Cimg7778

もう少し、制度として何とかすべきじゃないかと書いた。

だけど一方、一生の間における大学生活は、何にも代え難い貴重な時間だ。

幅広い教養を得ることと学友との交流は、Cimg7785

専門の学習を別にしても大いに意味のあることだと思う。

入試の圧迫からも親元からも解き放たれて、

まったくの自由を謳歌出来るのだから。Cimg7775

ただしかし、大学の専門教育が産業発展に役立っていない。

4年間と言う貴重な時間が、それで良いのかどうか・・・。

一般教養を別にすれば、Cimg7779

大学で学んだことが就職後に役立つことは極めて少ない。

特にこのことは、理系の学部に顕著なのかもしれない。

最も大学は、企業そのものではない訳で、Cimg7774

そんな教育は無理でしょと言ってしまえばそれまでになる。

先日の「産業教育」に、175さんからコメントを頂いた。

175さんのように、大学で一生の糧になる教養を得る方もいるだろう。

だけど4年間もの間、役に立たないような講義を強いられているとしたら、

その個人にも社会に、大いなる無駄ではないかと思う。

教養と実学、そして研究を提供できるのが大学だと考えるのです。

少子化の折、そんな大学も生まれつつありますよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 6日 (水)

自然と技芸

モネの庭には、睡蓮の花が咲き始めていた。Cimg7777

ガーデンパークのモネの庭は、何時行っても風情がある。

四季折々に、草花が少しずつ景色を変えていく。

水面に映る光だって少しずつ変わっていく。Cimg7781

今は、白い藤の花が佳麗な香りを漂わせ、

その姿を池に映していた。

人間の不思議なのは、その景色を来る日もくる日も描き続けたことだ。Cimg7782

モネは、池の睡蓮を飽くことなく描き続けた。

何枚も何枚も、僅かに雰囲気の違いは有るにしても、

同じような絵をず~っと描き続けた。Cimg7783

確かに自然は微妙だし、

一時だって同じ顔なんてしてやしない。

だけど、人間の思いの置き所なんてそんなものかも知れない。Cimg7784

あれこれと思い惑うよりも、一点を凝視し続けることの凄さが大切だ。

それが出来たから、モネなんだろうなと思う。

ひるがえって、あれもこれもの私なぞは、唯の凡人と言うことだろうな。Cimg7776

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 5日 (火)

数奇と庭

江戸期の大名や御家人などは、暇を持て余していた。Cimg7766

町人だって、若くして隠居したりして、結構時間がゆったりと流れていた。

で、何をするかと言うと盆栽や江戸植物などを育てていた。

日本の独特の園芸の成長だ。Cimg7767

朝顔や観音竹、万年青やマツバランなどの粋が生まれていく。

小さな庭を造って楽しんだりもしていた。

もちろん小堀遠州の心字池なんてのは無理だ。Cimg7787

対してヨーロッパでは、庭は邸宅を飾るものだ。

今でも庭は、道に向かって造られている。

そんな東西の文化の違いを思っていた。Cimg7788

浜名湖ガーデンパークのガーデンコンクールである。

世界各国の庭師が庭造りを競っていた。

だが私達日本人は、日本の庭が心にピンと来る。Cimg7789

どうしてもヨーロッパのそれは散漫に感じてしまう。

やはり日本人には、数奇者の心が流れているのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 4日 (月)

産業教育

一度出来上がった制度なりシステムを改めるのは容易ではない。Cimg7600

日本の産業教育にも、その弊害が顕著に現れている。

農業高校で学んで農業をやる。

自家の商売を発展させるために商業高校へ行く。Cimg7257

工業高校を出て熟練工になる。

などと言う高校生は貴重な存在で、多くが大学を目指すようになった。

その大学にしても、各学部の入試の難易度は有っても、Cimg7321

日本の各産業をサポートしているかと言うと、かなり疑問がある。

言うまでも無く職業は、自分の一生の拠り所で有る。

その道を伝道するのが、高校や大学だったはずなのだが・・・。Cimg7334

何時の間にか形だけになって、実質は何所かに行ってしまった。

仕方ないから、インターンシップで企業研修となる。

企業も、新入社員教育に汗をかくのが当たり前になった。Cimg7354

これ、青春の大いなる無駄(又はモラトリアム)と言うべきか。

そんな訳で経済産業省が、大学に産業人材の育成を呼びかけている。

大学は、産業の担い手を育てる所なのであって、

卒業すりゃ良いってもんじゃないんだ。

実は私も昨年から、少しばかりこの面でお手伝いをしている。

だが根っこは、この国のシステムそのものに問題が有るのだが・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年5月 3日 (日)

内国人

私の住む磐田市には、外国人市民が9,371人住んでいる。Cimg7760

不況の影響で、昨年の12月からこの3ヶ月間に500人減った。

それでも人口の5.3%は、外国籍なのである。

その彼らが、公園で音楽会を開くと聞いて出かけてみた。Cimg7759

そこは、当然ながら国内の外国だった。

言葉は通じないし、売られている物も違う。

音楽界と言うふれこみだけれど、まあ仲間同士の縁日だな。Cimg7758

何とか接触をと試みたのだが、所詮私は外国人だった。

こんな場に入ると、日本人同士で群れるしか方法が無くなる。

せめて言葉が、万国共通なら何とかなるのにな~。Cimg7757

彼らもこの国で、必死に生きている。

仕事がなくなれば、生活できない訳だし、

治安だって悪くなるだろう。Cimg7756

低賃金のショックアブソーバー。

企業にとっての好都合は、地域社会に不可解な波紋を広げていく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 2日 (土)

本物を問う

骨董の99.9%は偽者だそうだ。Cimg7631

あの中島誠之助さんがそう言っている。

「世の中、本物ばっかりだとつまらない。

偽者があるから活力が出てくるのです」と。

ふた昔ほど前になるが、「本物つくり運動」と言うのを提唱したことがある。Cimg7719

今で言うところのブランド化推進と言うことなのだが、

ある新聞記者から、「偽者をはっきりさせろ」と迫られて困ったことがある。

要するに、世の中には幾ばくかの誤魔化しが溢れていて、

それを明確に指弾するのは容易ではなかった。Cimg7303

今では「景品表示法」などの運用も厳格になって、

偽装表示なんてのも随分少なくなった。

それはともあれ、政治家は偽者ばっかりだね。

官僚政治の打破なんて言ってるけど、Cimg7359

官僚に対して実力の無さの裏返しだね。

第一、政治家が如何ほどの勉強をしているだろうか?

私の知る限りでは、マァ~、我田引水はしても国の将来なんて考えないな。

徒で動くのは、地震だけらしい。Cimg7416

対して人間は、下心が有るから動く。

要するに損得勘定で動くのが99.9%の政治家だろう。

そう言えば、例外も有るのかな~ ?

西松建設に2億円もらって、何もしなかったって言ってる党首がいたっけ。

だけど、それを普通は詐欺って言うよネ。

やっぱり、政治家は偽者か ! !

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 1日 (金)

非日常

規則正しい生活と言うものは、何よりも有り難い物だ。Cimg7297

決まった時間に起きて、朝の諸々を済ませて職場に向かう。

仕事が終われば、帰宅して夕食を囲む家族団欒が有る。

口喧嘩や擦り傷などと、チョツトした事件があってもそれが日常だ。

だが人は、そんな日常の中に非日常を求めている。Cimg7736

何か、良い事はないかな~。

美味しいもんが無いのかな。

新聞に出ていた、ホラ、あれを見てみたい。

旅行に行きたいな~・・・と言った具合である。Cimg7660

この連休は、日頃の非日常希求を満たす絶好の機会だ。

私もふらりと何所かに出掛けたいのだが、

葡萄の誘引と花房整理で追われている。

既に葡萄の花も咲き始めてしまった。Cimg6678

時間よ止まれ ! と叫びたい心境だ。

非日常どころではないか ! ! 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »