« 季節の感性 | トップページ | ダム湖 »

2009年5月23日 (土)

隠居考

少子高齢化の時代である。Cimg7927

年金も65歳までは満足に出ないし、当今では隠居どころではない。

20年ほど前には、その年金だって55歳から支給されていた。

それに圧巻は、江戸時代の隠居制度だ。

親父が隠居しない限り、武家奉公の息子の出番はない。Cimg7852

だから大抵は、随分若くして隠居となった。

隠居すれば、もう老いては子に従えである。

変化の少ない時代とは言え、呑気に晩年を過ごすことができた。

晩節と言う言葉が有る。Cimg7798

老後若しくは、晩年の節操のことを言う。

人間、晩年を爽やかに生きられる人は幸せだ。

ところが、大抵は物事に執着するようになる。

特に権力を握って居たりすると、大変な失態をやらかすことになる。Cimg7797

秀吉や毛沢東はその典型であろうか。

はてさて、90歳位までは生きられる時代である。

金も権力もないし、楽隠居も出来ない私なぞは、

やはりアレだね。

世のため人のため、死ぬまで生きることだな !

|

« 季節の感性 | トップページ | ダム湖 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 隠居考:

« 季節の感性 | トップページ | ダム湖 »