« 永久の価値 | トップページ | 未来創成 »

2009年5月13日 (水)

異空間

私達は普段、見慣れた景色に囲まれて生活している。Cimg7794

通勤の途上にしても、毎日の事でその微妙な変化にも気を払わなくなっている。

時に農村や山村に出かけたりすると、

その古くからの生活のにおいを懐かしく思ったりする。

日頃の自分の生活空間と異なった何かを感じているのだ。Cimg7795

浜松市の西区和地に、ドゥソールと言うレストランがある。

南フランスの古い農家のような建物が幾つか建っていて、

そのレストランが、まるで地中海の一角に在るかのような雰囲気になっている。

年を経て湾曲したかのような屋根にも、Cimg7796

ケーキを売る納屋のような小さな小屋にも、

分厚い板で作られたドアにも、

数百年前の南仏やトルコの生活を感じてしまうのだ。

その異空間に身を置いていると、Cimg7797

仮にフランス語などが聞こえてきたりしたら、

それは日本だとは思えないのかもしれない。

その小さな小屋でケーキを一つ買って、Cimg7798

その異空間で春の穏やかな一時をゆっくりと味わってみた。

雑念を払底したその一時は、琥珀の味がした。

|

« 永久の価値 | トップページ | 未来創成 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 異空間:

« 永久の価値 | トップページ | 未来創成 »