« 住民自治 | トップページ | 借金 »

2009年5月29日 (金)

朝の輝き

私の朝は、ブドウ棚の下で始まる。Cimg7955

この時期ブドウは粒も急速に肥大するし、

枝だって少しでも伸びようとしている。

その無駄な枝を除き、混み合った粒を摘除するのが朝の作業だ。

作業始めてしばらくすると、太陽が昇り始める。Cimg7956

この旭日の鮮光が、枝の隙間からビームのように差し込んでくる。

その眩しさを、ブドウ達と共に味わっている。

そして潅水作業を始めると、

蛇口からほとばしる水の粒がガラス玉のように輝く。Cimg7957

それらは、印象派の画家達の描く光の点描のようですらある。

正に、旭日の生気を実感する一時なのだ。

やがて、ひとしきりの作業を終えて朝食となる。

食卓の朝刊の上にも朝日は届いている。Cimg7954

だがそれは、既に光の粒が拡散してしまっている。

そんな光の変化に促されて、勤務先への動きを始める。

光は、全ての始まりである。

言うまでも無く植物にとっての光は、エネルギーそのものだ。

そして私達人間も、

その植物と同様に光をエネルギーにし、

活力を再生する時代なのだ。

|

« 住民自治 | トップページ | 借金 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝の輝き:

« 住民自治 | トップページ | 借金 »