« 苦闘 | トップページ | 富士の芝桜 »

2009年5月19日 (火)

嵐後

一夜明けた八ヶ岳は、メイストームが嘘の様に晴れ上がっていた。Cimg7919

体の節々の痛みだけが、昨日の苦闘を思い出させている。

人間と言うものは不思議なものだ。

あんなに苦しかった事をすっかり忘れてしまっている。Cimg7916

冷雨や風は、私達の思い出を鮮烈に彩っただけなのだ。

鋸の歯の様な赤岳や横岳の残雪と唐松の緑は、

あそこを走ったのだと言う感慨を、Cimg7921

より一層印象深く伝えているようだ。

木の葉のそよぐ軽い音の中に、鳥達の声が交じり合い、

枝から枝えとリスが走り、カケスが飛ぶ。Cimg7920

嵐から開放されて、彼らも私達を見物するかのようにはしゃいでいる。

仲間達は、乗り越えてきた困難を語らっている。

それは驕りでも何でもなくて、明日への力なのだ。Cimg7922

語ることをしない仲間だって、その顔は充実感に満ち満ちている。

人間とは不思議なものだ。

万全の準備をして困難に立ち向かった者には、Cimg7923

結果の如何を問わず明日があるだけなのだ。

体と心はつながっている。

困難の後にこそ喜びがある。

人間とは不思議なものだ。

|

« 苦闘 | トップページ | 富士の芝桜 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

野辺山お疲れ様でした。
終日の雨風の中のレースは野辺山では初体験
それでも、もう15年も過ぎたことを、ブログを見て想い新たにしました。
小笠山RCはメンバーも多く、まとまりが感じられる走友会で、当日も走友のゴールをステージ横で車座になって待つ姿が印象的でした。
今回は100kmの部でわが走友会メンバーは3名参加、12時間から12時間35分で完走でき、無事当日に帰宅できる電車に間に合いました。
まだ静岡県内の大会に参加したことがないので、機会を見て参加したいなぁと思っております。どこかのコースで会えるのを楽しみにしてます。

投稿: 星の遊走人 NO.7 | 2009年5月24日 (日) 09時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 嵐後:

« 苦闘 | トップページ | 富士の芝桜 »