« 風車の風景 | トップページ | オートキャンプ »

2009年6月 2日 (火)

公園の外国人

多文化共生と言うことが求められている。Cimg7974

17万人の街に、一万人近い日本語を話さない人達が住むのだから、

当然と言えば当然だが、これが中々容易ではない。

公園に行くと圧倒的に彼らが多い。

海洋公園でも、釣り人の大半は肌の色合いが違うし、Cimg7976

家族連れだって日本語を話してはいない。

肌も思いっきり露にしている。

かなりの違和感が有るといってよい。

この点、静岡市の駿府公園などの雰囲気とまるで違っている。Cimg7978

しかし彼らにすれば、この国に来て仲間が集まる所、

それが公園なのだろう。

生活習慣の違いはよしとしよう。

だが現実には異言語共生であり、これを乗り越えるのは至難の業だ。Cimg7975

で、お隣の自治会では、日本語教室を開いている。

こいつは、国や企業がもっと本腰を入れるべきだろう。

|

« 風車の風景 | トップページ | オートキャンプ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

明治維新の勝海舟という訳には
行かない。グローバル社会・友好国
ばかりか。隣りの北朝鮮にも
足元を見られている我が日本丸。
ピンチをチャンスに海図なき日本丸も
地球船宇宙号に乗り換え、共生を
図る・・・。
本県も「富国有徳論」の原作者に
知恵を借りて「勇県」を旗印、
人は石垣 人は城と 飛翔の条件を
レベアップして欲しい者ですね。
☆ 感銘の一冊
  富国有徳論 中公文庫 620円
  
  参考→1995年9月25日 初版は発行
      紀伊国屋書店 2200円
      これからの日本の針路と理念を
      提言、研ぎ澄まされた明日の日本丸
      の姿を廉直なこころで語る。    
      老婆心は50才の時に興奮して感銘
      ファンとして「座右の銘」とする

投稿: 静岡の老婆心 | 2009年6月 3日 (水) 02時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 公園の外国人:

« 風車の風景 | トップページ | オートキャンプ »