« 新しい農への挑戦 | トップページ | 季節の約束 »

2009年6月10日 (水)

時間と距離

フルマラソンの場合、1kmを五分少々でクリアーしていくのだが、Cimg7988

それでもゴールは四時間前後になる。

さらに時間と言うものを、思い知らされるのがウルトラマラソンだ。

私の頭の中には、制限時間の14時間しかない。

途中にも何箇所か門限が有るのだが、

そいつが気になるようなら完走は無理だろう。Cimg7966

スタートしてから50km位までは、計算通り足が動く。

だがその先は、何が起こるか分からない。

時間との戦いがそこから始まる。

歩いたんでは、一時間に6kmがやっとである。

ゴールまであと30km、時間は5時間か残っていない。Cimg7582

「歩いたって行けるさ」と思う一方、体は歩くことさえままなら無い。

エイドステーションで座り込んでしまう。

気を振り絞って走り始めても、速さは歩くのと変わらない。

1kmが途方も無く遠く感じられる。

そして時は、容赦なく進んでいく。Cimg7433

それでも1kmまた1kmと、ひたすら縮めていく。

まさに時は距離(金)なりなのだ。

時の記念日の今日、そんなことを思い出した。

|

« 新しい農への挑戦 | トップページ | 季節の約束 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

この記事で、春に走ったチャレンジ富士五湖を思い出しました。歩くこともままならない・・・私のことですが、山草人さんも後半はそうなりますか。デカフォレストの方でもそうだとすると、私はまだ頑張りが足りません・・・。でもあきらめませんよ。

投稿: がんもどき | 2009年6月11日 (木) 18時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 時間と距離:

« 新しい農への挑戦 | トップページ | 季節の約束 »