« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月31日 (金)

夏休み

夏休みの孫達を眺めながら思う。Cimg8385

子供の頃の夏休みの一日は、ずいぶんと長かった。

早朝に蝉が鳴き出して、眠たい目をこすりながら起きだす。

それから、ラジオ体操に行った。Cimg8383

それから・・・・・・。

毎日、何をして過ごしたんだろうか?

たぶん宿題もそっちのけで、遊び呆けていたんだろう。Cimg8368

やがて、長かったはずの夏休みもあっけなく終わってしまう。

そして、あれもこれも、やっときゃ良かったと悔いるのだが・・。

或いは人生も、夏休みと同じかも知れない。Cimg8343

人生は、結構長い。

その人生を、ひたすら一生懸命に歩いてきた(はずだ)。

時には、満身創痍になりながらも未だ生きている。Cimg8339

人生は、常に戦いだと思いながら今日に至った。

たった今だって、古臭いゼンマイ仕掛けの時計だけど、螺子を巻いたばかりだ。

それでも何時か、

「この歳になるまで、一体何してたんだろう?」

そう思うのに違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月30日 (木)

ふつつか

かつて平安の頃は、「ふつ」は太いことであり、「つか」は束だから、Cimg8138

立派で丈夫なことを「ふつつか」と言ったようだ。

それが中世以降、軽率で不調法と言う反対の意味になってしまう。

つまり不束は、「束ねてない束」の意になった。Cimg8241

農業もコンバインの無かった時代には、稲株を束ねないと処置に困るのだ。

ところで、各党が相次いでマニフェスト(政権公約)を発表している。

いい加減な公約をしていたのが、03年からマニフェストに変わった。Cimg8354

そして今回は、名実共に政権を目指す誓約の束になりつつある。

当然ながら、本当に出来るのかどうかが大きな議論になる。

それだけに、発表して直ぐに慌てて修正したりしているが・・・。Cimg8126

まぁ~ともかく、政党らしくなってきたということだ。

とは言えマニフェストは、国民との「指切りげんまん」だ。

指を切って血判を押すことだし、Cimg8261

ヤクザなら指を詰めて誓約することでもある。

後になって、不束で財源が有りませんでしたでは済まないぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月29日 (水)

一罰百戒

この社会、正義は何よりも守られなくっちゃいけない。Cimg8097

「だけど」と思うのだ。

天竜林業高校の推薦入試調査書改ざん事件である。

有力父兄に懇請されて、担当教諭に改ざんを指示したとして校長が逮捕された。Cimg8204

被告は指示を否定しているが、それで2名の推薦入学が叶ったと言う。

裁判は、その指示の内容を巡って争われているようだ。

「頼まれて困っている。何とか出来る事があったら配慮を頼む」Cimg8203

とでも、校長は言ったのだろう。

担当教諭は「その発言で、止む無く改ざんした」と言う。

勿論、自分の担任の生徒のことである。Cimg8157

それに教諭と言うものは、校長の発言にそんなに従順なものなのかどうか?

そのことが、今回の事件の争点だ。

既に、この事件は繰り返し過大に報道されている。Cimg8099

元校長は、社会的制裁をもう十分過ぎるほど受けている。

それに被告の退職金も社会的な地位も、全てこの裁判にかかっているのだ。

校長はこの裁判に負ければ、40年近い精勤の全てを失う。Cimg8098

仮に校長がその立場をわきまえなかったにせよ、この代償重過ぎる。

教育熱心な校長だったらしいし、何とかならんのかとも思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月28日 (火)

未来

マニュフェストとか言う公約のことだが・・・。Cimg8252

未来への希望と言うのは、誰にとっても少しばかり魅惑的なものだ。

何かが変わるかもしれない。

そのことでハッピーなことが有るかも知れない。

そう思うと、その未来を信じてみたくなる。Cimg8246

それが人情と言うものだ。

だけど未来が美しいのは、

自分自身の未来に関する事だけらしい。

目標に向かって、一歩一歩努力を続ける。Cimg7968

そして未来のゴールには、それなりの達成感が待っている。

仮に途中で挫折しても、それはそれで納得できるのだ。

だけどこれを他人に全て期待したとしても、大抵は裏切られるものなのだ。

高速道路も無料だし、ガソリンも半値になる。Cimg8260

農家の所得も保証してくれる。

子供にも沢山の手当てを頂けるようだ。

年金も潤沢に出るらしいぞ。

素晴らしいじゃないか!Cimg8244

そのために必要な税金は、ドンドン取れば良いのだ。

盛り沢山の未来は、重い負担の裏返しでもある。

未来は「未だ来ず」と書く。

他人の描く未来に、「行く末」の過大な期待はしないでおこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月27日 (月)

自分と向き合う

そろそろと言うか、もういい加減、Cimg8384

率直に自分に向き合うべきだと思っている。

人間にはそれぞれ、自分を構成している要素がある。

生まれた環境とか、共に学んだ学校や友人、

どんな仕事をどんな風にやってきたかと言うこと。Cimg8331

趣味への入れ込み具合だってそうだろう。

それに住む町や、遭遇した事件や事故もある。

そうして最も大切なのは、人との巡り会いだろう。

何処でどんな人と係わって、どんな体験をしたかである。Cimg8396

当然ながら、その要素はみんな違っている。

不満なところも、幾ばくの自惚れだって含まれる。

そうして、その要素のひっくるめが今の自分だ。

こいつらを引っさげて、今を生きているのだ。Cimg8255

この夏の夜に、一人そんな事を思っている。

そしてここには、未だ未熟な中高年が彷徨している。

これからだって、新しい要素を探すぞって!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月26日 (日)

花火考

Cimg8394 人間は何時から、火を花にしてしまったんだろうか。

花火大会の季節だが、今年は中止になった所が多い。

お陰で花火の業界まで不況風が吹いている。

とは言え、化学物質の燃焼を一瞬の美に昇華させるのが花火だ。Cimg8393

この儚い滅びの美に、ついつい自らの人生を重ねてみたりする。

それにしても近年の花火は、随分と変化形が多くなった。

色も水色やレモン色が出てきたし、Cimg8386

形の変わったのや動くやつまである。

圧巻は、音楽に合わせてプログラミングされた点火だ。

花火もコンピュータで電動的に点火するのだ。Cimg8392

一瞬の光のショーである。

しかも、一区切りの連続花火に物語があって、

人生の何事かを語っているらしい。Cimg8387

今夜は、親しい友人と花火の下で飲んでいる。

宴はとりとめもない。

浜名湖に浮かぶその火の花は、Cimg8390

湖面に残影を残しつつ消えていく。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年7月25日 (土)

スイカ

スイカの美味い季節だ。Cimg8380

殊に、山を走った後にかぶりつくスイカが絶妙である。

それも、幾ばくかの塩を振って食べる。

走っている仲間が、スイカを皆で食べるために栽培していて、Cimg8381

良く冷やしたのを山に持ってきてくれる。

そいつを、みんなでかぶりつくのだ。

心底「あぁ~、生き返った!」と言う気持ちになる。Cimg8363

ところでスイカから発見されたアミノ酸に、シトルリンと言うのがある。

肝機能を元気にする成分だそうだ。

それにスイカには、リコピンやビタミンAも多く含まれ、Cimg8378

強い抗酸化作用がある。

味の対比効果を高める塩だって、取り過ぎなどと心配は無用だ。

何故なら、スイカには塩分を排出させるカリウムもたっぷり含まれる。Cimg8379

要するに、汗をかいた後はスイカに限るのだ。

仲間の存在は、この上なくありがたい。

今日も、スイカにありつくことが出来た!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月24日 (金)

自治会連合会

今日午後も、理事会があった。Cimg8377

ついこの間まで、そんな組織の動きなどに関心は無かった。

多文化共生で総務大臣から表彰されたんだっけ、と言う程度の知識だった。

それが連合会の役員にさせられて、

結構な時間を割かなくっちゃいけなくなった。Cimg8026

私の住む市には、304の自治会がある。

それが31の地区に分けられていて、

それぞれの地区から一名の連合会役員が出ている。

役員には、元○×高校の校長とか、元△○町の助役などと言った人が多く、Cimg8037

私は、恐らく最も若年役員の部類に入る。

それはともかく、そのアクティブな姿勢には頭が下がる。

もとより自治会と言うものが、頼りない存在になっている。

だから連合会が、これを何とかせんといかん、そんな思いでやっている。Cimg8376

この国には、本当の意味での自治意識は、露ほども育っていない。

官僚云々と言いながら、面倒は全て行政に押し付けてきた。

だけど、もう税収が伸びていく時代ではない。

逆に福祉や年金、介護だって負担が増えていく。Cimg8038

地域で出来ることは、みんなでやんなくっちゃって時代だ。

先ずは、そのことを知ってもらうことから始めようと思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月23日 (木)

自己本位

思えば私など、これまでずぅ~っと他人本位で生きてきた。Cimg8165

学校では先生や同級生を慮って、ずっと良い子で過ごした。

当然職場では、上司の顔色を伺いながら、

言いたいことも半分以下に抑えてきた。Cimg8311

家の中だって、山の神の天下である。

その意向に逆らうなんて、恐ろしくて考えもしなかった。

要するに根のない浮き草のように、Cimg8234

他人本位に徹して、集団エクスタシーに浸っている方が楽だったのだ。

それが市余生の要諦だとも思っていた。

しかしだ。

もう還暦も過ぎて、権威も権力もその程を知った。Cimg8208

人の尻馬も、それほど乗り心地の良いものではない。

そろそろ、浮き草に根くらい生やしても良かろう。

別に、個人主義になろうってんじゃない。

これが本当の俺だよって、言いたいだけなんだ。Cimg8313

そう言えば、このブログもその一つだね。

ちなみに三菱を創設した岩崎弥太郎は、

徹頭徹尾、自分主義を貫いた男だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月22日 (水)

落下傘への懸念

農業も産業である。Cimg8202

誰がどのような形で営農しようと、それは自由であるべきだ。

大手スーパーや外食チェーンの農業参入はこれまでもあった。

が、いずれも生産物を自社で加工・販売する形だった。

だけど今回、豊田グループの豊田通商が、Cimg8182

宮城県でパプリカの生産と販売を始めた。

自ら生産し、スーパーやコンビニチェーンに本格的に流通させる形だ。

計画では、年商100億円の売上げを目指している。Cimg8209

総投資額は30億円近い。

当然ながら、就業の場も生まれる。

問題は、これが上手く回転していくのかどうかだ。Cimg8215

出来るとなると、既存の農業に大きな波紋を広げるだろう。

トヨタ程の大手企業なら、その信用力は農家とは比べ物にならない。

農地法の改正で、企業の農業参入がグンと容易になった。Cimg8214

農業者としては、内心複雑な思いである。

はて、落下傘を奇禍とすべきか否か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月21日 (火)

法螺吹き

人生とは、生まれて、生きて、死ぬことだ。Cimg8096

ただ、生まれる事と死ぬ事は、思うに任されない。

自分の意志で生まれることは出来ないし、

認知症や事故で死ぬかも知れないからだ。

だけど生きることに関しては、自分の裁量が大きい。Cimg8080

自分の思いを貫くことが出来れば、それは素晴らしい人生だろう。

問題はその思いだ。

安易なことばかりを指向していたら、それだけの人生になってしまう。

時には思い切って冒険することが必要だ。Cimg8074

坂本竜馬は、法螺吹きと言われていた。

「ああいう黒船を何艘も率いて、日本の世直しをやっちゃる」とか、

「ご政道を京都様に献上する」などと公言していたからだ。

それも磐石な幕藩体制化で和船しかない時代にである。Cimg8067

人が「法螺吹き」と思うのが当然だった。

だがその思いが、大きく歴史を動かしていったのだ。

私など小心者で、もとより坂本竜馬の足元にも及ばないが、

少しくらい法螺を吹いて挑戦する人生の方が楽しいね。Cimg8070

それから「おまえはひよこ」にならないことが肝心だ。

それは、かな人、抜けな人、ゴの人、ずかしい人、卑怯な人、

それに稚な人、稽な人だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月20日 (月)

葬送の儀

人の一生は、終わってみなくっちゃ分からない。Cimg8369

と言って、無為に過ごしたって結果は見えている。

が、結果など気にもせずに、一生懸命に生きる。

その方が、きっと「生きたね!」って人生Cimg8360になる。

葬儀に会葬するたびに、故人との諸々を邂逅する。

あの時の一言が、蘇ってくるのだ。

私の叔父も、余りにも人間くさい人だった。Cimg8340

晩年は8年間も施設で過ごすことになったのだが、

元気な頃のあれこれを思い出していた。

人は、何時かは死ななければならない。Cimg8247

だけど、その死ぬことを考えて行動してるやつなんていやしない。

それで良いのだ。

今を精一杯生きることが出来れば、Cimg8201

結果など本当はどうでも良いのだ。

私の叔父も、きっと黄泉の国で微笑んでいるような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月19日 (日)

大家

沖縄では、うふやーと読む。Cimg8171

シーサーと赤瓦の家屋が、最も沖縄らしい風景だろう。

いずれも、中国や東南アジアの影響が色濃い。

地区100年にはなろうかと言う大家は、まさにそれである。Cimg8175

名護の山間にあるレストランだ。

裏山からは水が流れ落ちて、

南国の暑さが少しも気にならない。Cimg8169

風が山裾を伝って、開放的な屋敷に流れ込む。

やはり南国と納得する工夫に感心する。

食わせるのは質素な郷土料理だが、やはり土産土方である。Cimg8173

その土地の物を、その土地の方法で調理していただく。

空気も水もご馳走なのだ。

沖縄は、本島の他にも島々が幾つもある。Cimg8170 

来年早々にも、石垣島あたりに出かけてみたい。

勿論、静岡空港のお陰だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月18日 (土)

オクラ

オクラの成長力は素晴らしいものだ。Cimg8364

それに気づいてから、かれこれもう10年にもなる。

以来毎年、オクラを栽培してきた。

今年も、500株ほどを育てている。

そして私が朝起きて一番先にするのが、Cimg8365

このオクラの収穫である。

オクラは、アフリカ原産のアオイ科の植物だ。

同じアオイ科のハイビスカスと同様、結構豪華な花を咲かせる。

中が濃紫色で花弁はクリーム色だ。Cimg8366

花びらが五枚あって、それぞれに雌しべが一本ずつくっついている。

花は咲いてすぐ散る。

たった半日のはかない恋なのだ。

それから5日もすると、断面が五角形のオクラの実iなる。Cimg8367

熱ければ暑いほど成長は早い。

収穫が一日遅れただけで、化け物のように大きくなってしまう。

実はこのオクラ、嫌地性なのだ。

同じ土地で三年も作っていると、極端に成長が悪くなる。

人間同様、マンネリズムが活力を奪うのだ。

それで数年おきに、新天地を準備する。

今年は、かなりご機嫌が良さそうである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月17日 (金)

ストレス

およそ今の私には、ストレスらしきものが無い。Cimg8240

勿論、苦労も不満もあるのだが、そいつぁ~ストレスじゃない。

かつて40歳くらいまでは、逆にストレスの塊だった。

緊張と物事への過剰な対応が常だったのだ。

人と合わせようと、もがいていた事だってある。Cimg8150

だけと、40歳を過ぎたあたりから変わった。

どんなことにも、解決の糸口があることを悟った。

その契機が、汗をかいて走ることだった。

走っていると、思いもかけない解決の端緒が見えてくる。Cimg8244

以来20年、山の中を走り続けている。

それに、ブドウ作りに熱中するようになった。

その間は、仕事のことなんて考えない。

夢中になって、ブドウを労わっている。Cimg8241

彼らと接する時間は、私だけのものだ。

それに彼らは、私にとって貴重な話し相手でもある。

もう一つは、人と接することだ。

出来るだけ色々な方々との会話を楽しむ。Cimg7800

世の中には、様々な人がいることに驚く。

そんな訳で、私はストレスから開放されている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月16日 (木)

自分色

自分の色を押し殺してきたのが、団塊の世代だ。Cimg8267

つくづく、そう思う。

しぶとく従順であることが、680万人の競争に生き残る術だったからだ。

それで大学紛争や石油ショック、バブルの崩壊などの波乱もあったけど、Cimg8324

この間に世界第二位の経済大国にまでなった。

その経済の拡大に助けられて、

団塊の世代はそれなりの豊かさを享受できた。Cimg8268

その世代が、次々と職場から解き放たれて、

時間も思想についても、本当の自由を手にし始めている。

だが一面、自由と言うものほど厄介なものはない。Cimg8323

如何なる価値を創造すべきか、そのモデルが無いからだ。

世は、長寿高齢化という「成熟」を求めている。

もはや、経済成長という直線的な社会ではない。Cimg8271

むしろ、成熟の中に醸される「豊かさ」の再発見なのだろう。

そこでは物の量などは何の意味も持たない。

人と人とが、自分の色を評価しあう時なのだ。

同世代の諸君。

もう、遠慮することはない。

新たな可能性に向かって、少しばかり出過ぎてみようよ。

あなたは、どんな色をしてるんでしょうか? 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月15日 (水)

美ら海水族館

こりゃぁ~、日本最大の水族館だろう。Cimg8131

特に7,500㎥もの大水槽は、只々感心するほか無い。

巨大魚を見上げる様は、異次元の空間である。

ここには、何時までも立ち止まっていたいと思ってしまう。Cimg8132

ここは昭和50年に開催された沖縄海洋博覧会の目玉だった。

当然今でも、沖縄観光の中心になっている。

思えば沖縄列島は、Cimg8134

黒潮とさんご礁そして深海に囲まれている。

その海の多様さは、そのまま生息種の豊かさでもある。

巨大なジンベイやマンタばかりでなく、

さんご礁に住む巨大な海老にも驚いてCimg8143しまう。

イルカのショウだって中々のものだ。

そのダイナミックな動きは、一見の価値ありである。

沖縄に行ったら、立ち寄るCimg8129ほか無いな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月14日 (火)

柿田川

もし、狩野川に合流していなかったら、Cimg8315

日本で最も短い川だろう。

川幅は30~50mもあるのに、延長は1,200mしかない。

三島市の隣、清水町の国道一号線南側から柿田川は始まっている。Cimg8318

富士山から伏流した水は、

約40km離れたここから湧き出している。

その量も一日あたり約100万トンと言うからすごい。Cimg8319

湧き水の量は、正に東洋一だ。

水質だって、日本の名水百選に選ばれている。

そして、県がこの水を一日に30万トン取水していて、Cimg8321

近在の35万人の飲料水と工業用水に利用している。

すべからく富士山の恵みである。

そう思うと、富士山というものの巨大さを思わざるをえない。Cimg8316

市街地の中に忽然と湧く水。

柿田川公園とされた一角だけが、緑のコロニーになっている。

奇観といって良いだろう。Cimg8314

戦後、荒れ果てていたこの地を整備したのはボランティア達だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月13日 (月)

指月殿

伊豆修善寺のシンボルは、修禅寺と指月殿ではなかろうか。Cimg8299

修善寺には、鎌倉時代の影の部分が未だに漂っている。

言うまでもなく、頼朝の弟の範頼が梶原景時にここで討たれ、

鎌倉幕府の第二代将軍頼家も、Cimg8300

ここに幽閉されて湯殿で殺されている。

その時、23歳でしかなかった。

彼は、頼朝の長男だが才がありすぎた。Cimg8302

当然、北条氏の意のままになることを嫌った。

それで、北条氏によって抹殺されることになる。

息子の悲劇をはかなんだ北条政子は、頼家の墓の隣に経堂を建立した。Cimg8304

それが指月殿だ。

伊豆に現存する木造建築では最古のものだ。

その800年前の経堂には、蓮を手にした釈迦如来像が安置されている。Cimg8307

先年、この釈迦如来像の体内から毛髪が発見された。

頼家のものとも政子のものとも言われている。

修善寺の悲劇は、

源氏が単なる権力の看板に過ぎなかった証だ。

指月殿は、そのことを今に伝えているのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月12日 (日)

千葉山

JR島田駅から4kmも北上すると、Cimg8330

そこはもう山間になってしまう。

その山の入り口あたりから、丁仏参道が始まっている。

急なそま道の一町(100m)毎に、お地蔵さんが祭られている。Cimg8333

お地蔵さんは30基も続くだろうか。

それが千葉山智満寺の長い参道なのだ。

「千葉山を巡るトレイルコースを創ろう」Cimg8335

そんな話があって、仲間と共に試走をしたのだ。

智満寺の創建は771年と随分古い。

現在の塔頭は、1598年に徳川家康が寄進したものだという。Cimg8357

本尊は弥勒菩薩で、武運長久を祈願したのだそうだ。

茅葺の屋根には草木が繁茂していて、

その豪壮なつくりは山中の寺とは思えないものだ。Cimg8355

だが圧巻は、その裏山にあった。

標高498mの山中にある10本杉だ。

その巨大な古木には、それぞれ名前が付けられていて、Cimg8351

樹齢はそれぞれ800年から1200年である。

肌には青々と苔が光るように広がって、

生きてきた風雪の長さを印象させる。Cimg8347

杉は杉でも、これ程に長く生きているともう別物に見える。

生命と言うものの、不可思議を思いながらしばしたたずんだ。

ともあれ私達は、どうだん平を経て千葉山の山中を駆け下りた。Cimg8345 

目的地は、伊太和里の湯である。

この山中の温泉がゴールなのだ。

走行距離そのものは二十数キロなのだが、Cimg8362

思いのほか汗をかいてしまった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月11日 (土)

ヒマ尺

いつも「お忙しいところを・・・」と、それが慣用句だった。Cimg8329

この半世紀、私達は働き過ぎてしまったのではないか。

結果として、溢れるほどの物の中で生活している。

だけどこの国には、自殺者が一年に3万人もある。Cimg8328

「誰でも良かった」殺人だって次々と起こっている。

カネカネで、カネ尺ばかりで豊かさを計ってきた。

忙しく稼いで、分け合うことなんて忘れていた。Cimg8327

落ちこぼれは自己責任と、突き放してきた。

豊かさは金だと思ってきたからだろう。

だけど、豊かさってのは「間」ではないか。Cimg8292

豊かな時間、豊かな人間関係、心が広くなる空間、

そしてそれらを醸し出すヒマ(間)なのだ。

少しくらい貧しくても良い。Cimg8127

金も仕事も分け合おう。

そうして、みんなの豊かなヒマを増やそう。

暇人が増えれば、世の中のギスギスはなくなるぞ。Cimg8122

そんなヒマ尺を、みんなが持ちたい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年7月10日 (金)

思秋期

思春期の対極にあるのが思秋期だ。Cimg8326

別の表現で、更年期とも言う。

長寿化のために、この思秋期が随分長くなっている。

仕事は一線を退いたのだが、老年にはまだ早い。

果てさて、何を成すべきなのか。Cimg8312

仮に、恋に目覚め一人悩むのが思春期ならば、

思秋期には人生の酸いも甘いも知り尽くしている。

一体全体、人生の秋を如何様に思えばよいのか。

五木寛之の本に「大人の時間」なんてのがある。Cimg8269

遮二無二生きてきて、フッと自分を振り返る時間が出来る。

そうすると、無性に自分の「生」を考えてしまう。

自分の生きた証を探したくなるのだ。

過去のあれこれを、ひたすら邂逅する様になる。Cimg8322

自分の人生を疑いだすのだ。

それが思秋期なんだろう。

しかし私は、「いや、人生はこれからだ」と思っている。

思春期のような若やいだ気持ちだって有る。

空元気が過ぎるのかな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 9日 (木)

ビー玉社会

人間には、生まれながらのタイプがあるらしい。Cimg8253

血液型に象徴される遺伝形質なのか、

生活のありようによるものか、その理由は分からない。

そうして、色々なタイプの人々が巧く組み合わさって、

この社会が出来ていくものなのだ。Cimg8258

だから個性豊かな人士が多ければ、世の中はより面白くなる。

ところが近世の教育の眼目は、この個性を殺すことだった。

スピードと生産性が社会の価値であり、

そのために必要な、画一化され管理される人間が珍重されたからだ。Cimg8031

だから私達は「早くしなさい。頑張れ。しっかり。

あの子のようにやりなさい。」と言われて育てられた。

そいつは近代工業社会の必要とするものだったが、

私達の人間性にとって良かったかどうかは疑問だ。Cimg8109

何故なら、引っかかりの無い人間ばっかりで、

皆が個々ばらばらに孤独だからだ。

ビー玉社会と言うコップの中では、お互いにくっついていられる。

しかし退職してコップが無くなったとたん、バラバラに転がり出るより他ない。Cimg8140

ビー玉通しが結びつきたくても、その手(個性)が無いのだ。

ビー玉を結び付ける磁石は無い。

せめてサロンでも何でも、手頃なザルを作ることが必要だ。

ビー玉だってザルに盛れば、それなりに美しく輝くだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 8日 (水)

地域の絆

地域も家族も、かつては強い絆で結ばれていた。Cimg8286

地域と家庭は、生産の場であり、

労働と同時に消費する場でもあったからだ。

それが自営業も農業も無くなって、

みい~んな、遠く離れた所に通勤するようになった。Cimg8275

地域や家は、寝に帰るだけの場所になって、

地域の行事や活動は億劫なだけになった。

そうして、本当は助け合って生活すべきなのに、

プライバシーを必要以上に強調するようになった。Cimg8242

「共助」なんて言葉は、死語になったと言ってよい。

こんな風になったのは、団塊の世代以降のことだ。

集団就職やら転勤やら、住宅だってアパート化した。

核家族化やサラリーマン化が一気に進んだ世代だ。Cimg8185

その世代が還暦を通過しつつある。

しかし、彼らが地域や家庭に帰っても、

そんなに温かなコミュニティーがある訳がない。

ひょつとしたら、話し相手も無い毎日が待っているのかもしれない。Cimg7995

コミュニティは、共通の関心から始まる。

自治会の役員を引き受けて、

防犯・防災であれ、福祉であれ何であれ、

無くしてしまった共通関心を再生しなくてはならない。

そう、思い始めている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 7日 (火)

天の岩戸

志摩半島は、陸地の沈み込んだリアス海岸が顕著だ。Cimg8288

山が多くて平地が少なく、この日本列島の縮図のようだ。

入り組んだ打ち海の英虞湾では、真珠の養殖が盛んだ。

朝早くから、養殖筏に舟が通っていく。

養殖貝の世話かと伺ってみると、Cimg8284

最近では海ブドウを栽培しているのだと言う。

伊勢・志摩は、古代史の舞台だ。

そして伊勢神宮の式年遷宮は、古をたどる遥かなる歴史の営みだ。

だが、出雲の神々との関係など、Cimg8283

その古代における真相は必ずしも鮮明ではない。

古事記の世界は、良く分からないように創られている。

その重要な舞台の天の岩戸が、

志摩市磯部町の山中にある。Cimg8297

石灰岩洞窟で、この中に天照大神が隠れたと伝わる。

スサノオノミコトの悪事を戒めるためだったらしいが、

お陰でこの世の中は真っ暗闇になったと言う。

神話とは言え、なぜ志摩の山中が舞台なのだろうか。

不明なればこそ、神秘は募るのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 6日 (月)

パラダイム

この世の変化は、大体50年くらいの周期で変わっている。Cimg8073

しかも、過去が形を変えてやってくる。

高度経済成長期のような右肩上がりの時代には、

押せ押せどんどんと直線的に将来を見通すことが出来た。Cimg8092

だが今は経済も低調だし、明らかに時代の転換点にある。

つまり、パラダイムがどんどん変わる時代なのだ。

静岡県知事に、川勝平太さんが当選した。Cimg8136

彼の造語に「富国有徳」と言うのがある。

明治初期の富国強兵をもじったものだ。

国政もいよいよもって、平成の大政奉還のような雲行きである。Cimg8221

新しいパラダイムは、何を生み出すのだろうか。

リニア(直線)時代を生きてきた団塊の世代(アラカン)よりも、

この点では、80歳代の人々の方が役立つ過去を持っている。Cimg8139

私達は、もっと年配者に学ぶべきかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 5日 (日)

風力のコスト

三重県津市の青山高原に、本州最大の風力発電施設がある。Cimg8279

現在の風車が32基、しばらくすると91基になる計画だ。

石油の枯渇が近づいて、俄然自然エネルギーが注目されている。

議論は、そのコストパフォーマンスになる。Cimg8280

32基のうち4基は、津市の直営施設だ。

そのコストを例に考えてみよう。

4基の設置経費は、940百万円だった。Cimg8281

これに国庫補助金が415百万円ついた。

それで平成11年から運転している。

売電価格は、年間9500万円から7700万円だ。Cimg8278

今の所、補助金を別にすれば、6年でペイできる計算になる。

それ自体、決して法外な話ではない。

と言う訳で、米国やドイツでは急速に広がっている。Cimg8276

この日本の風力発電は、むドイツの1/13でしかない。

中国と比べても、1/10なのだ。

ああでも無いこうでもないと、日本人は何も出来なくなっている。

コストが掛かりすぎる。Cimg8277

騒音が大変だぞ。

景色が壊れる。

評論は誠に盛んだ。Cimg8282

だが、それでこの国のエネルギーはどうするのか。

当然ながら、高くなる一方の油を買わざるを得ない。

遺伝子組み換えのトウモロコシを禁止しているのと同じだ。

この国の国民は、本当にバカになってしまったんだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 4日 (土)

関の山

関宿は、平成の合併で亀山市になっている。Cimg8294

東海道の宿場で、往時を最も残しているのが関だ。

古くから伊勢街道の要衝だったし、伊勢参りでも賑わった。

その宿場が、明治33年の関西鉄道の開通と共に一気に寂れる。

その後東海道のパイバスが出来て、関宿は無用の長物になった。

が、関は残った。Cimg8296

何がその往時のままに残らせたのかは分からない。

だが、その住みにくい町並みが残った。

昭和59年、国の重要伝統的建造物群保存地区になった。

今度は、残さざるをえなくなった。

古いものを古いままに残すことほど大変なことはない。Cimg8295

今そこに、全国から多くの人々が押しかけてくる。

往時の関は殷賑を極めた。

狭い街道一杯に山車が並び人々が押しかけた。

狭い町並みに、「もう駄目、精一杯」と言うほどのことだった。

人々は、そいつを「関の山」と呼んだのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 3日 (金)

修禅寺

伊豆半島には、いたるところに温泉がある。Cimg8273

その中で開湯1200年と、最も古い温泉が修善寺だ。

そしてその名の由来である「修禅寺」は、その温泉街の中ほどにある。

807年に弘法大師が真言宗の寺として開山したと伝わる。

鎌倉期には臨済宗の寺だったが、何故かこの寺は悲劇の舞台となった。

その最初は、義経と共に戦った頼朝の弟の範頼である。

彼は義経追討を渋ったことから疑われ、この修禅寺に幽閉される。

そして間もなく、梶原景時の手勢に攻められて自刃している。

その次が、鎌倉幕府第二代将軍頼家である。

彼は頼朝の長男だが、才がありすぎた。

北条氏の意のままになることを嫌い、

やはりこの修禅寺に幽閉されて殺される。

その後、この寺は寂れ果てていた。

そしてこの寺を曹洞宗の寺として再興したのが、北条早雲である。

早雲は、伊豆公方を滅ぼすに際、この修禅寺を使ったのだ。

この古びた温泉場が、この国の歴史の中心と係わったのは偶然なのかどうか。

岡本綺堂はその悲劇を題材に、新歌舞伎「修禅寺物語」を書いた。

1911年、二世市川左団次の初演である。

続きを読む "修禅寺"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 2日 (木)

静岡空港

一般的に、空港は巨大なものというイメージがある。Cimg8238

だけど静岡空港は、拍子抜けするほどコンパクトで機能的な空港だ。

旅客ターミナルだって、鉄筋3F建で11,000㎡しかない。

この程度の空港を作るのに、22年も要したのだ。

その時間の空費の方が莫大だと思う。Cimg8062

静岡県は人口380万人で、財政力だってタイ一国ほどの規模を持っている。

難航した一番の原因は、県民に僻地感覚が無いからだろう。

江戸の昔から、静岡の地は常に東西の回廊であり続けた。

黙っていても、東名も新幹線も最初にここを通ったのだ。Cimg8063

そしてそのおこぼれは、常に莫大なものがあった。

この交通利便の故に、企業も人もここに集まったのだ。

だが今や、リニアものぞみも静岡には縁がない。

港湾だって、やがて日本海側が中心になりそうだ。Cimg8059

それに世の中はグローバルに広がり続けている。

かつての江戸時代の宿場のように、

アッという間に世界の僻地になりかねない時代だ。

ともあれ沖縄便に乗ってみた。Cimg8061

自宅から空港まで約一時間、車を乗り捨てて直ぐに搭乗。

二時間のフライトであった。

自宅を出て4時間後には、那覇の町を車で走っていた。

お陰で、少しばかりの親孝行も出来た。

そしてこの8月27日から、2,500mの滑走路で完全開港する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 1日 (水)

議員達よ

民主主義は、良く出来た制度だ。Cimg8257

人類が産み出した英知の結晶でもある。

だが、その象徴でもある代議員に問題がある。

彼らに問いたい。Cimg8256

あなた達は、何のための議員なのかと。

理念も公約もみんな建前なの?

票集めるためには、どんな厚顔無恥な事だってできてしまう。Cimg8250

その為の甘言だって、当選するまでのことだ。

本当の理念や気骨の有る人は、彼らの欺瞞の前で失望するだけだ。

選挙民は、彼らの甘い言葉に惑わされ、Cimg8248

たわいなく全権委任してしまう。

彼らにとって議員とは、そも職業なのだ。

その職業を得る為にはなんでもする。Cimg8154

だがこの国の事なんざ、然したる事ではないのだ。

議員の質なのか、それとも選挙民が馬鹿なのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人生劇場

「人生は一場の芝居だ」と言ったのは、司馬さんだったか。Cimg8397

そんな名の演歌もあったっけ。

芝居には芝居だけど、その舞台は自分でコツコツと創るしかない。

実は私達は、その舞台を造るために生きているようなものだ。

名演技を見せたくったって、舞台が無くっちゃ演じようがない。Cimg8391

それが場末のにわか造りの小屋だったら、

芝居の内容だって、それなりのものになっちまう。

だから、如何なる舞台を創り上げて、

そこでどんな芝居を演じるのかが肝心なのだ。Cimg8382

それに、演じるのは自分自身でしかない。

私達の舞台は、家庭であったり、仕事であったりする。

それぞれ様々な場面に遭遇する。

はたしてそこで、大向うをうならせる大見得を切りえたのかどうか?Cimg8332

イョ~ォと言う見得など、そんなに有るもんじゃない。

実は今夜、性懲りもなく小さな舞台を創りつつある。

田子の浦港から富士山頂に向かって、歩みを進めている。

これから、真っ暗な樹海を抜けて走り続ける。

はて、明日の明け方にはどんな舞台が広がっているだろうか。

ともかく、あかつきの舞台は私の人生劇場の一部にもなるのだ。

今回は、山頂で大見得を切ってやろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

逓信

郵政をめぐって、まったく不毛な争いが続いている。Cimg8274

だが今夜は、郵便制度の基礎を作った前島密について書きたい。

実は前島密は、私の住むこの街に若干の縁がある。

明治2年からの半年間、彼は旧中泉の最後の奉行だったのだ。Cimg8264

彼は、天保六年に越後で生まれている。

才があって、13歳の時に江戸に出て蘭学や軍学を学ぶ。

22歳の時には、幕府の軍艦操練所に入っている。Cimg8263

その後、蝦夷地の測量に従事したりするが、

やがて婿入りして幕臣になる。

しかし明治維新で幕府が瓦解し、慶喜公と共に駿府に移り住む。Cimg8265

そこで中泉の奉行になったという次第である。

明治政府の形が整うと共に、彼は太政官政府に迎えられ、

明治3年には英国の派遣されて郵便制度を視察している。Cimg8262

大久保利通は彼の能力を高く評価し、

彼も文明開化の一翼を担って多面的な活躍をしている。

その代表的なものが逓信事業だった。

明治10年の西南の役でも、電信の整備が政府軍の勝利を決定付けた

東京の大手町に、逓信博物館がある。

逓信とは、今日の郵便・電信電話・放送の全てを包含している。

パソコンネットや携帯電話だって、その範疇だから一大産業だ。

140年前の電信が、今日の私達の生活を創っている。

郵政民営化の見直しなどと、郵政を政争の具にするのはおよそ愚かだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »