« 地域の絆 | トップページ | 思秋期 »

2009年7月 9日 (木)

ビー玉社会

人間には、生まれながらのタイプがあるらしい。Cimg8253

血液型に象徴される遺伝形質なのか、

生活のありようによるものか、その理由は分からない。

そうして、色々なタイプの人々が巧く組み合わさって、

この社会が出来ていくものなのだ。Cimg8258

だから個性豊かな人士が多ければ、世の中はより面白くなる。

ところが近世の教育の眼目は、この個性を殺すことだった。

スピードと生産性が社会の価値であり、

そのために必要な、画一化され管理される人間が珍重されたからだ。Cimg8031

だから私達は「早くしなさい。頑張れ。しっかり。

あの子のようにやりなさい。」と言われて育てられた。

そいつは近代工業社会の必要とするものだったが、

私達の人間性にとって良かったかどうかは疑問だ。Cimg8109

何故なら、引っかかりの無い人間ばっかりで、

皆が個々ばらばらに孤独だからだ。

ビー玉社会と言うコップの中では、お互いにくっついていられる。

しかし退職してコップが無くなったとたん、バラバラに転がり出るより他ない。Cimg8140

ビー玉通しが結びつきたくても、その手(個性)が無いのだ。

ビー玉を結び付ける磁石は無い。

せめてサロンでも何でも、手頃なザルを作ることが必要だ。

ビー玉だってザルに盛れば、それなりに美しく輝くだろう。

|

« 地域の絆 | トップページ | 思秋期 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビー玉社会:

« 地域の絆 | トップページ | 思秋期 »