« パラダイム | トップページ | 地域の絆 »

2009年7月 7日 (火)

天の岩戸

志摩半島は、陸地の沈み込んだリアス海岸が顕著だ。Cimg8288

山が多くて平地が少なく、この日本列島の縮図のようだ。

入り組んだ打ち海の英虞湾では、真珠の養殖が盛んだ。

朝早くから、養殖筏に舟が通っていく。

養殖貝の世話かと伺ってみると、Cimg8284

最近では海ブドウを栽培しているのだと言う。

伊勢・志摩は、古代史の舞台だ。

そして伊勢神宮の式年遷宮は、古をたどる遥かなる歴史の営みだ。

だが、出雲の神々との関係など、Cimg8283

その古代における真相は必ずしも鮮明ではない。

古事記の世界は、良く分からないように創られている。

その重要な舞台の天の岩戸が、

志摩市磯部町の山中にある。Cimg8297

石灰岩洞窟で、この中に天照大神が隠れたと伝わる。

スサノオノミコトの悪事を戒めるためだったらしいが、

お陰でこの世の中は真っ暗闇になったと言う。

神話とは言え、なぜ志摩の山中が舞台なのだろうか。

不明なればこそ、神秘は募るのだろう。

|

« パラダイム | トップページ | 地域の絆 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天の岩戸:

« パラダイム | トップページ | 地域の絆 »