« ヒマ尺 | トップページ | 指月殿 »

2009年7月12日 (日)

千葉山

JR島田駅から4kmも北上すると、Cimg8330

そこはもう山間になってしまう。

その山の入り口あたりから、丁仏参道が始まっている。

急なそま道の一町(100m)毎に、お地蔵さんが祭られている。Cimg8333

お地蔵さんは30基も続くだろうか。

それが千葉山智満寺の長い参道なのだ。

「千葉山を巡るトレイルコースを創ろう」Cimg8335

そんな話があって、仲間と共に試走をしたのだ。

智満寺の創建は771年と随分古い。

現在の塔頭は、1598年に徳川家康が寄進したものだという。Cimg8357

本尊は弥勒菩薩で、武運長久を祈願したのだそうだ。

茅葺の屋根には草木が繁茂していて、

その豪壮なつくりは山中の寺とは思えないものだ。Cimg8355

だが圧巻は、その裏山にあった。

標高498mの山中にある10本杉だ。

その巨大な古木には、それぞれ名前が付けられていて、Cimg8351

樹齢はそれぞれ800年から1200年である。

肌には青々と苔が光るように広がって、

生きてきた風雪の長さを印象させる。Cimg8347

杉は杉でも、これ程に長く生きているともう別物に見える。

生命と言うものの、不可思議を思いながらしばしたたずんだ。

ともあれ私達は、どうだん平を経て千葉山の山中を駆け下りた。Cimg8345 

目的地は、伊太和里の湯である。

この山中の温泉がゴールなのだ。

走行距離そのものは二十数キロなのだが、Cimg8362

思いのほか汗をかいてしまった。

|

« ヒマ尺 | トップページ | 指月殿 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

 山草人さん、一日お疲れさまでした~!ほんと汗をかきっぱなしで…いつもそうなのですか?おつたみたいに昼間から飲んで、アル中いやアル高卒ではないのに拘わらず、大量の発汗。(そう言えば山草人オリジナル本の発刊があった後遺症が尾を引いているのかも~?)
 ビッグ杉は圧巻でした。地元の人でさえ馴染みがないこの杉巨木…今日しっかり拝むことが出来て、ほんと幸せでした。
  

投稿: しぞーかお伝 | 2009年7月12日 (日) 21時52分

お疲れ様でした。山草人さんのブログ楽しく拝見しました。千葉山とてもきつかったけどとても走りやすく楽しむことができました。10本杉にはびっくりまた行ってみたくなる山です。

投稿: うつちゃん | 2009年7月13日 (月) 01時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 千葉山:

« ヒマ尺 | トップページ | 指月殿 »