« 葬送の儀 | トップページ | 落下傘への懸念 »

2009年7月21日 (火)

法螺吹き

人生とは、生まれて、生きて、死ぬことだ。Cimg8096

ただ、生まれる事と死ぬ事は、思うに任されない。

自分の意志で生まれることは出来ないし、

認知症や事故で死ぬかも知れないからだ。

だけど生きることに関しては、自分の裁量が大きい。Cimg8080

自分の思いを貫くことが出来れば、それは素晴らしい人生だろう。

問題はその思いだ。

安易なことばかりを指向していたら、それだけの人生になってしまう。

時には思い切って冒険することが必要だ。Cimg8074

坂本竜馬は、法螺吹きと言われていた。

「ああいう黒船を何艘も率いて、日本の世直しをやっちゃる」とか、

「ご政道を京都様に献上する」などと公言していたからだ。

それも磐石な幕藩体制化で和船しかない時代にである。Cimg8067

人が「法螺吹き」と思うのが当然だった。

だがその思いが、大きく歴史を動かしていったのだ。

私など小心者で、もとより坂本竜馬の足元にも及ばないが、

少しくらい法螺を吹いて挑戦する人生の方が楽しいね。Cimg8070

それから「おまえはひよこ」にならないことが肝心だ。

それは、かな人、抜けな人、ゴの人、ずかしい人、卑怯な人、

それに稚な人、稽な人だ。

|

« 葬送の儀 | トップページ | 落下傘への懸念 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 法螺吹き:

« 葬送の儀 | トップページ | 落下傘への懸念 »