« 時代の坂 | トップページ | 教育の日 »

2009年9月21日 (月)

丹後の100km

今回の丹後100kmウルトラマラソンは、実に苦しCimg8878かった。

と言うのも、何やかやと事前の走行距離も少なくて、

果たして100km走れるのかどうか不安が募っていた。

朝、4時30分、京丹後の網野をスタート。Cimg8882

真っ暗な中を半島の海岸を走っていく。

風が強くて、台風の影響か波音も高い。

それでも薄明るくなった久美浜湾あたりまでは、まあ順調だった。Cimg8885 

ところがその後は、足がパンパンに張ってきて、

「これはいかん」と言う思いが強くなってくる。

何処で止めるかと、考え始めている。Cimg8889

しかし、関門に掛かるまでは走ろうと思い返す。

延々と、その繰り返しになる。

それが励をCimg8888超えた。ましてくれる人があって、

とうとう50km

これはひょっとしたら何とかなる、そう思い始める。

それでも余裕は無い。Cimg8906

常に関門の時間に追われている。Cimg8891

それに控えているのは、難所中の難所の碇高原である。

この関門を15分余裕を残して通過、

その後は一気に斜面を駆け降りた。Cimg8892

あんなに苦しかったのに、私は走り続けてい

そして、ゴールが近ずく。Cimg8909_2

応援の皆さんが、「良く頑張った!」と声をかけてくれる。

その度に、足しの目頭が熱くなる。

多分、泣き顔で走っているのだろう。Cimg8897

18時02分、遂にゴールのテープを切る。

13時間32分走り続けたのだ。

先着の、仲間達が心配して出迎えてくれている。Cimg8910 

今年も完走できた安堵感で満たされていく。

でも、こんなに苦しいことを何故やるのか?

「何故走る 考えながらも 何故走る」(山草人)Cimg8904

自分との戦いだからね!

|

« 時代の坂 | トップページ | 教育の日 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

完走
おめでとうございます。

でも、こんなに苦しいことを何故やるのか?

「何故走る 考えながらも 何故走る」
             (山草人)

自分との戦いだからね!

その通りですね。
27日の天竜ウルトラの時、話を聞かせて下さい。

投稿: ヒロボー | 2009年9月24日 (木) 10時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 丹後の100km:

« 時代の坂 | トップページ | 教育の日 »