« 民主主義のコスト | トップページ | ハーバ・シティ »

2009年9月17日 (木)

初めての敬老祭

敬老会と言うのは、役所の仕事だと思っていた。Cimg8862

それが、この四月から「これからは地元でおやりなさい」となった。

それから、実行委員会を作ってあれこれとやってきて、

遂に当日を迎えたのだ。Cimg8863

最初、スローガンを作った。

「長寿・元気は地域の文化!」と言うものだ。

人はみんな歳を重ねていく。Cimg8864

元気で長寿を全うするのが大切だ。

でもそのためには、お互いにそれなりの努力が大切だ。

地域のみんなが、老若男女そのことを考える日にしようと思ったのだ。Cimg8865

だから、幼稚園児や小学生にも参加してもらった。

もちろん、自薦他薦の芸達者にもその技を披露してもらうことにした。

結果は、21名の実行委員の絶妙なチームワークも含めて、Cimg8867

大成功ではなかったかと思う。

あらかた初対面の人間が集まって、Cimg8871

一つのことをやり遂げた。Cimg8868

そのことだけでも、満足しなきゃならんだろう。

反省点は、高齢者の主体的な参加だ。

当然、往年の芸達者も大いに違いない。Cimg8869 Cimg8870

その人達を客にしてしまった。

来年は、地域みんなで参加する敬老祭にしたいな!。

|

« 民主主義のコスト | トップページ | ハーバ・シティ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初めての敬老祭:

« 民主主義のコスト | トップページ | ハーバ・シティ »