« ハバロフに | トップページ | アムールの夕日 »

2009年9月 4日 (金)

川の民

やはり朝から雨で、気温も低い。Cimg8562

その寒さの中、ハバロフスクから北東に70km離れたナナイ族の村を訪ねた。

ナナイ族の人口は1万人程らしいが、その半数がこの地域に住んでいて、Cimg8563

その拠点が、アムール河沿いのシカチャラン村である。

そこのアムールの中洲に多くの岩絵が残っている。

しかしこれは1万2千年も前のものだから、ナナイ族のものかどうか?Cimg8564

ともあれ彼らは、私達日本人にも良く似ている。

近所の叔母さんと会った様な、そんな感じもする。

彼らはモンゴロイドで、アムールの南からやってきた。Cimg8566

そしてここで、鮭などアムールの幸に依拠して暮してきた。

鮭の皮をなめして衣服や靴をつくつたりして生活していたのだ。Cimg8569_2

体も小ぶりで、未だに水道も無い。Cimg8568

井戸水にたよって、つましい暮らしをしている様子だ。

とは言え、今日のアムール河は工場廃液で汚染され、

川の民の暮らしは既に破壊されてしまっている。Cimg8571

民芸品を作ったりレストランで働いたりと言ったところだろうか。

ナナイ族の子供達が、素朴な遊戯を見せてくれた。

三っの太陽を一つにしたと言う伝承や、ナナイの生活を擬した踊りだ。Cimg8575

鮭を突く動作もふんだんに登場する。

かつて鮭の大量に遡上したアムールだが、今は河に人影すら見られない。

河越しに冷たい風が吹きつけていた。Cimg8578 Cimg8572

|

« ハバロフに | トップページ | アムールの夕日 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しております。

ハバロフスク、珍しい処に行って来られましたね。

昔(35年程前)、ロシアの船でアルバイトしたことが有りますが、ロシア人のバンドのギターの弦が5本しかなかったり、ピアノの鍵盤のうち3つの音が出なかったり、物が不足している印象が強かったです。

今は大分豊かになったのだろうと思いますが、少数民族にとっては良かったのかどうか?

河川が汚染され川の民は長い間の生活基盤が失われ気の毒ですね。

投稿: アンタツ | 2009年9月 5日 (土) 04時46分

ロシアではお世話になりました。
ナナイ族村の見学の時、
寒かったでしたね。
ありがとうございました。

投稿: かもめ横丁 | 2009年9月 5日 (土) 08時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 川の民:

« ハバロフに | トップページ | アムールの夕日 »