« 味覚の秋 | トップページ | 大井川マラソン »

2009年10月31日 (土)

人生無常

人間何時までも生きる訳ではないし、Cimg9174

明日の命だって保証の限りにあらずだ。

だけどそんな事を、常時意識している人なんていない。

身近な人の訃Cimg9176報に接して、人生の無常を思うのが常だ。

とは言え、私の生死観は極めて淡白にできているようだ。

弔問に出かけても、それは親族に対してであって、

故人へのそれではない様な気もする。Cimg9158

つまり、死者は既に只の物体だと認識しているのだ。

仮に体は滅びても、志は何らかの形で引き継がれる。

志こそが、その人の命だと思うのだ。Cimg9047

もしもあの世とやらがあるとしたら、

無数の生命がそこに行く訳で、

そこは無数の死者で一杯になってしまうはずだ。Cimg8954

「もう満員です」と言われても不思議ではなくなる筈だ。

そう言われないのは、輪廻転生という生まれ変わりがあるからだ。

何に生まれ変わるかは、まさに因果応報というヤツだ。Cimg8953

そうやって子々孫々、私達は生きているのだ。

そういう意味で、人生は無常でなく、あくまでも自己責任なのだ。

|

« 味覚の秋 | トップページ | 大井川マラソン »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

山草人さん

「志こそが、その人の命だと思うのだ」

私も、同感です。

でも
「人生は無常でなく、あくまでも自己責任 なのだ」

に関しては
「人生は無常であり、あくまでも自己責任 なのだ」・・・と思います。

このことに関しては
 11月28日の小笠山RCの忘年会の時に
 お話をしたいです。
 よろしくお願いします。

  ありがとうございます。 

投稿: ヒロボー | 2009年11月 4日 (水) 20時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人生無常:

« 味覚の秋 | トップページ | 大井川マラソン »