« 日本のベイエリア | トップページ | 不都合な真実 »

2009年10月20日 (火)

法要

私の父が他界してから、まんまる2年になる。Cimg9128

かつての中国では、この三回忌を終えるまでが喪に服する期間とされた。

清朝末期の混乱期にも、この喪に服することが政治的に使われたりもした。

ともあれ私のこの二年間は、喪に服するどころか激変の期間だった。Cimg9108

定年退職や新たな職場への変化。

地域での様々な動きに関連したこととども。

もっともそんなことより、心理的な変化の方が大きいかも知れない。Cimg9129

たったの2年が、5年にも6年にも感じられる。

孫娘が「大爺ちゃんの顔、暫く会ってないから忘れちゃった。」と言う。

そう!!Cimg9052

人間は、忘れ去られる存在なのだ。

仮に記憶されるとしても、暫しのことでしかあるまい。

色即是空、空即是色なのだ。Cimg9130

後生大事に生きたとしても、それだけのことなのだ。

要は、今この時、何が出来るかが大切なのだろう。

|

« 日本のベイエリア | トップページ | 不都合な真実 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 法要:

« 日本のベイエリア | トップページ | 不都合な真実 »