« 不都合な真実 | トップページ | 人生の目的 »

2009年10月22日 (木)

待望の竜馬

Cimg9147 坂本竜馬と言う人は、あの幕末でも稀有な存在だった。

自己顕示欲が有る訳でなく、志士の群れとも一線を画して行動していた。

蛤御門の変の後は、志士救済のための事業に奔走する。

長崎の亀山社中も、後の海援隊もその一環だった。Cimg8929

その男が仲立ちをし、徳川慶喜をして大政奉還をなさしめる。

倒幕のための最新兵器の調達も、彼の力に負うところが大きい。

それに幕府を倒した後の青写真は、すべからく彼の脳中から出た。Cimg8927

その竜馬は、鳥羽伏見の戦いの前年、幕府の見回り組の凶刃に倒れる。

「人間の一生は、合点の行かぬは元よりの事」だったのだ。

既に彼のすべき大仕事は、あらかた終わっていた。Cimg8642

残されていたとすれば、開戦を阻止する仕事だったろうか?

だが、時代の趨勢からいって、それを成し得たかどうか?

ともあれ「日本を今一度 せんたくいたし申候」は成った。Cimg8951  

来年のNHK大河ドラマは、「龍馬伝」である。

今回の政権交代を、明治維新に擬えるむきもある。

果たして、この国の将来を見据えた青写真を描けているのかどうか?Cimg8948  

|

« 不都合な真実 | トップページ | 人生の目的 »

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 待望の竜馬:

« 不都合な真実 | トップページ | 人生の目的 »