« 待望の竜馬 | トップページ | 茶の湯考 »

2009年10月23日 (金)

人生の目的

私なぞは無為徒食の徒に過ぎないのだが、Cimg8610

人生には大小は別にして、生きる甲斐が必要らしい。

言い換えると、目的があるから人は生きられる。

失意のままでは、人は自分で自分を滅ぼしてしまう。Cimg8693

それが、犬猫と違う人が人たる所以と言っても良いだろう。

ただ、その目的がどの程度明瞭か否かは人によって異なる。

いやさ大抵の人は、目的など意識もしてないし、Cimg8753

意識していたとしても漠然としたものでしかない。

人生の目的は如何と問われても、定かには答えられないだろう。

でも、あの人の為にとかあれをやり遂げるまで、Cimg8767

草花を育てて・・とか、

無意識でも何がしかの目的が有るものだ。

だけど、ことを成し遂げる人は、その目的は極めて鮮明だ。Cimg8774

「念ずれば通ず」と言うが、その一事を自分の人生と同化させている。

だから、自ずと目的に向かって突き進むことになる。

何時の間にか、事がなると言う次第だ。Cimg8695

日々の生活に汲々としているのが現実だが、

時には静かにそんな事も考えてみたいものだ。

|

« 待望の竜馬 | トップページ | 茶の湯考 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人生の目的:

« 待望の竜馬 | トップページ | 茶の湯考 »