« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月30日 (月)

無碍のモラル

この日本列島に住む人々のことである。Cimg9372

遥か昔、先祖はアフリカで生まれた。

その人の祖先がヒマラヤの南北に分かれて東に向かった。

やがてユーラシア大陸の東端に至るが、Cimg8683

その南方系と北方系の再度出っくわした所が、

どうやら、この日本列島であるらしい。

当然、色々な人種やら言葉が入り混じる。Cimg9280

そうして生まれたのが、私達日本人のようだ。

だから、色々な価値観を許容しなくっちゃ生きられなかった。

だから私達は、欧米人のように自我を主張しないし、Cimg8945

大勢順応の中に身を任せてきた。

神と仏が共存しているし、

宿泊施設だって、旅館にホテルだ。Cimg9209

平仮名とカタカナを平気で使い分けているし、

食い物だって和食に洋食、それに中華だ。

欧米では、モーゼ、イエス、マホメットといずれも強烈な一神教だ。

一方私達は、平安の昔から多様な価値観を許容するCimg8943

融通無碍な民俗のはずなのだ。

しかるに、どうも最近の浅薄な仕分けとかは頂けない。

本当に、国の予算決定の過程はそれで良いのかどうか? 

かつてヒトラーは

「国民の英知を当てにする者は、大衆を捕まえそこなう」と言った。

私達国民は、衆愚だと言うことを忘れてはならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月29日 (日)

家族考

家族は、同居人の集まりではない。Cimg9377_2

だが戦後の民主教育は、

家族制度ばかりか家族そのものを崩壊させてしまった。

英語のファミリーには、「共に飯を食う人」との意味もある。

しかし今日の家族は、その飯さえバラバラだ。Cimg9386_2

私の子供の頃は、親父とお袋の苦労を見続けてきた。

しかし今日、サラリーマン化で親父が何処で何をしているかも知らない。

子供達は、消耗しつくして酔っている親父しか見ていないのだ。

おまけに母親は、子供の進学やらに専心して、Cimg9355_2

夫の面倒などはそっちのけである。

物があふれて、金さえあれば大抵のことが片付くようになった。

俄然、子供は母親の見方である。

もちろん、父親を尊敬しない。Cimg9391

而して家庭は、母親の主導権が絶対になっていく。

社会生活では我侭な自由などあり得ない事を、学校は教えない。

TVゲームや携帯も勝手を助長する。

自由勝手というテーゼが、家庭にも蔓延し家族を崩壊させている。Cimg9073

家族は本来、動物としての自分の巣であるべきだ。

巣では、食べて寝て、家族がお互いに労わり合う場なのだ。

その巣を維持するために、私達は働いているのではないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月28日 (土)

早世

人は、生まれた時から死に向かって歩み始める。Cimg9379

だから人間の死は、その人生最大の仕事だとも言える。

例外なく死ぬのだから、その事自体の公平さに異論は無い。

しかし、未だこれからと言う人の死は、いかんとも切ない。Cimg9387

近頃、そんな死が私の身の回りにも多い。

八才の子供の小児癌での早世。

熟年者の、くも膜下出血での突然死。Cimg9374

そして又今日は、53歳だった近親者の葬儀だった。

やり切れないのは元よりだが、

人は亡くなっても、何がしかを残していく。Cimg9390

それは単に思い出だけでなく、教訓や元気だったり、

自分の生き方を問い直す契機だったりもする。

「人間五十年 化転のうちに較ぶれば 夢まぼろしのごとくなりCimg9366

一たび生をうけ 滅せぬもののあるべしや」

生涯は一石の夢なのだ。

死と言うものを常に意識しつつ、Cimg9364

今出来ることに専心することこそ肝心なのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月27日 (金)

ひと時

先夜、音楽好きの友人に誘われて、Cimg9381

静岡市のピアノバー・デュークに出かけた。

ピアノバーとは聞きなれないが、弾き語りの飲み屋だ。

小粋なピアノとボーカルに惹かれて、音楽好きが集まってくる。

この夜は、ボーカルのマリテスのライブを聞きながら飲んだ。Cimg9384

マリテスの歌声を聞くのは、5月のアクト以来二度目だ。

彼女の微妙な音律が良い。

情感と言うものを上手く音に乗せて表現する。

ジャズは、こうでなくっちゃと思わせる。Cimg9383

彼女は、フィリピンのマニラ出身だ。

貧しかった少女時代の話をちょっぴり伺った。

私の子供の頃だって、似たようなものだろう。

でも、そんな貧困時代の経験が、恐らくこの歌声にも入っている。Cimg9382

興に乗って、友人のAさんがフルートを奏でる。

Aさんのフルートは、プロはだしである。

先日も、TVニュースにAOIでの演奏会の様子が放送されていた。

そしてお客は、軽妙な音を楽しみながらグラスを傾けている。Cimg9385

ある意味、心豊かで贅沢な時間だ。

もっとも、布団だけしか弾(引)けない私は肩身が狭い。

ともあれ、Aさんの誘いに感謝しなければなるまい。Cimg9380

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年11月26日 (木)

草薙の剣

静岡市の日本平の麓に、草薙と言う地がある。Cimg9357

この地名は、県立大学近くの草薙神社に由来する。

この神社は、景行天皇(紀元前13年~)が、

日本武尊を祀るため建立したと伝わる。Cimg9358

景行天皇は、日本武尊(ヤマトタケルノミコト)の父親である。

古事記の世界だ。

その日本武尊が、蝦夷征伐に出かけるに際して、Cimg9360

叔母の倭姫命から剣と火打石を授けられる。

火打石は、火をおこす最新鋭の道具だったろう。

彼は、その神剣と火打石を駆使して、Cimg9361

恐らく縄文人を制圧して行ったのだろう。

ところがこの日本平に来て、ヤマトタケルは火責めにあう。

大変な窮地に陥るのだが、Cimg9362

草薙の剣を抜き放って、その野火を薙ぎ払い難を逃れたとされる。

日本武尊は、この東国遠征の帰り、鈴鹿で亡くなったことになっている。

その死因は、草薙の剣を宿に置き忘れ、Cimg9359

胆吹山の荒神に祟られたのだ。

草薙神社は、JR草薙駅から2km程の所に鎮座している。

神話の真偽はともかく、Cimg9356

こんなにも身近に、神話の世界の痕跡が残っていることに驚く。

草薙神社には、弓道場もあって学生達が練習にいそしんでいた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月25日 (水)

フッと孤独感

人は、やたらと寂しがり屋だ。Cimg9373

だから、その孤独を誤魔化しながら生きている。

群れてみたり、意味のないお喋りに興じたり、

ゲームに入り浸ったりしている。Cimg9370

それに、要らざる自己主張をしてみたり、

名誉欲なんてのも孤独と裏腹なんだろうな。

私がこのブログを書いているのだって、その類かもしれない。Cimg9369

私は、祭りの喧騒ってのが、どうも好きになれない。

酒によって練っているのを見ると、こちらまで寂しくなるからだ。

人間の表現は裏腹で、見かけと内面は別物だ。Cimg9365

だけど、孤独ってヤツは結構大切なものなのだ。

本を読んだり、どこかに出かけたりだって、

孤独感が行動させるんじゃないかと思う。Cimg9363

それに孤独は、自分が方向性を持っていない時に顔を出す。

目標を持って歩いている人に孤独は無い。

そう、孤独はこの自分への刺激なのだ。Cimg9371

どうせ死ぬときゃ、一人だからね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年11月24日 (火)

恥はかくべし

私は、極めて内気な人間である。Cimg9172

良く言えはシャイ、はっきり言うと愚図である。

恥ずかしがりの引っ込み思案でもある。

自意識過剰な部分をマスクしながら、後生大事に生きてきた。Cimg9312

しかし最近、無駄な恥じらいを捨てることにした。

今更、無能さを隠しても仕方が無い。

あえて自分がたたき台を演じても良いと思っている。Cimg9311

とは言え、習い性となった性分から容易に脱却できない。

ついつい、良い格好をしたくなるのだ。

「失敗したらどうしよう」とドキドキしている。Cimg9210

中々、良い恥がかけないでいるのだ。

特に、受身の場合がいけない。

自分が主体性を持っていないと、とかく腹が据わらない。Cimg9180

と言って、よろず出しゃばる必要も無いが、

臍下丹田に息をためて、恥を腹で受け止めようと思っている。

恥はかくべしなのだ。Cimg9376

何となく生きても、詮無いからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月23日 (月)

八里半

昨日のトレイルランのエイドに、芋があった。Cimg9333

あれは、仲間の一人が差し入れたのだ。

そう、焼芋のうまい季節だ。

その芋は、江戸時代になってこの国に伝わってきた。Cimg9341

原産は、南米のメキシコあたりとされている。

新大陸発見によって、馬鈴薯やトマトなどと共に世界に広まったのだ。

その甘藷が、南太平洋のポリネシアで大昔から作られていた。Cimg9342

ポリネシアは、南米から8,000kmも離れた島国だ。

何故なのだろうか? 

その謎を解き明かした男がいる。Cimg9344

ノルウェーの人類学者で、トール・ヘイエルダールという人だ。

彼は、「ポリネシア人の先祖の一部が、南米から渡ってきたのだ」と

仮説を立てた。Cimg9347

「そんな馬鹿な」と揶揄されたのだが、

彼は、自らそれを実証して見せた。

いかだを組んで帆を張り、Cimg9350

ペルーの海岸から西に向かったのだ。

そして3ヵ月後、無事にポリネシアに漂着したのだ。

もちろん、積荷の甘藷は立派に芽を出していた。Cimg9351

疑問があったら徹底的に究明する。

しかも、彼は体を張ってそれをやって見せた。

ところで八里半とは、まさに焼き芋のことだ。Cimg9353

秋の味覚である栗(九里)と殆ど同じと言うことだ。

古川柳に「野狐や 汝も好きか 八里半」とある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月22日 (日)

小笠山トレイルラン

心配した雨も降らず、トレイル日和になった。Cimg9336

エコパスタジアム前に集合した面々は、

皆、今日一日を如何に楽しもうかと言う顔だ。

コース説明も、この山の紹介をちょつぴり。Cimg9338

9:30、クラッカーの音と共に山頂に向かって走り始める。

晩秋の緑道には、落葉で適度な日が差し込んでいる。

その落ち葉を踏んで、そま道を軽やかに走る。Cimg9343

たとえ息づかいは苦しくとも、心は軽快なのだ。

とは言え、急坂のウバメガシの林は限りなく続く。

そうして、昼近くになって山頂のエイドに到達。Cimg9345

そこには仲間の手でカレーライスやら、

サツマイモ、柿、それにビールまで準備されている。

そこで缶ビールを頂いた。Cimg9346

もちろん、カレーも美味しく平らげた。

不思議なもので、走っているとビールで酔うことがない。

むしろ足取りが軽くなるのだ。Cimg9348

この中間的からは、若い女性と一緒に走った。

トレイルは初めてということで大変だったかな。

走力にもかなり差があったのだけれど、Cimg9349

それでも立派に最後まで走り切りました。

ゴール後は、例によって大宴会です。

走ると言う共通の話題をベースに、Cimg9352

話はドンドン盛り上がっていくのです。

晩秋の、充実感タップリの一日でした。Cimg9354

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2009年11月21日 (土)

明日は小笠山トレイル

いよいよ明日は、小笠山トレイルランの日だ。Cimg9315

今年で三回目になる。

標高264mの小笠山は、もともとは大井川の扇状地だった。

大昔、北側が大きく隆起して、今日の丘陵になった。Cimg9316

扇状地だったから、丸い礫が積み重なって層を作っている。

だから降った雨は、みんな下層に浸透してしまう。

痩せ尾根の下の川には、大雨でもない限り水は流れない。Cimg9317

裾野部分の開発が進んで、今では6,000ha程になったが、

東海道メガロポリス沿いの貴重な緑のコロニーだ。

サンコウチョウなどの渡り鳥は、この緑の島を目指して渡って来る。

乾燥した尾根には、姥目樫が群生している。Cimg9318

このウバメガシの緑道を走るのが、このトレイルランだ。

私は、この丘陵をこよなく愛している。

この国に、これほど味のある里山は無かろうと思っている。Cimg9331

先日来、仲間達と草を刈り取ったり、ガイド標識をつけたりと、

明日のレースのための準備をしてきた。

今年は、全国から58名のランナーが集まる。

その多くが初参加の皆さんだ。Cimg9321

きっと、この丘陵の変化に富んだ地形と素晴らしさに驚くだろう。

小笠山RC一同、皆さんを歓迎しますよ。

一緒に、この野趣を存分に楽しみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月20日 (金)

真坂

先日、マラソンを走りながら考えたことだ。Cimg9183

人生には、上り坂と下り坂の他に真坂が有る。

私の人生の坂は、もう既に下り坂かな?

否、坂は上ったり下ったりで、上りっぱなしなんてのは無い。Cimg9188

下り坂の向こうにはまた別の山があって、その先は分からない。

私も、まだまだ幾つかの山を越えて、旅をしなくっちゃならないだろう。

もとより人生は、成り行きと決断の両方が作用して道が決まっていく。Cimg9191

全てを自分で決めて動いている訳ではない。

上り坂はハァ~ハァ~と息を切らしながら、登らなくっちゃならない。

それはマラソンでも自転車レースでも同じで、Cimg9189

当然苦しいし、途中で歩きたくなったりもする。

だけど人間って、大抵は上り坂で差がつくんだよね。

反面下り坂は、急坂はともかく総じて楽チンだ。Cimg9187

だらだらと、坂に身を任せていれば良い。

とは言え、下り坂だって限りなく続く訳ではない。

真坂が現れる。Cimg9184

希に「まさか」とか「よもや」ってこともあるけれど、

真坂は、現在、目の前の現実のことだ。

こんな坂あんな坂は人生の彩りで、Cimg9194

日々の真坂こそ虚ろにしちゃいかんぞな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月19日 (木)

変化

私達は、世界経済の枠組みの大きな変化の中にいる。Cimg9302

中国は、瞬く間に世界第2位のGDP国になろうとしていし、

インドやブラジルもその後を追っている。

資源や食料、人口や流通にもかつて無い変化が起こっている。Cimg9284

その激動の中に、一人漂っているのがこの国だ。

この20年間、成長らしい成長もしていない。

だから企業は、活路を求めて次々と脱出している。Cimg9292

当然ながら、高校や大学を卒業しても、

その多くが働く場を得られないでいる。

政権は交代したのだが、Cimg9283

自分の手足である官僚を叩くことに熱中し、

予算を自分で95兆円にも膨らめておいて、

それを面白おかしく劇場化して削りっこをしている。Cimg9254

要するにマスターベーションで、全てが内向き指向だ。

国民を、世界の激変から目させイグアナ化させたいのだろうか。

おまけに約束だった政策も、あらかたは反故になりそうな雲ゆきだ。

そもそも変化に対応できない政府だから、Cimg9116

国民はチェンジを求めたのだ。

変化は、脅威でもあるがチャンスでもある。

変化に対応できない経営は、企業も国家も、

そして政党も衰微するのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月18日 (水)

言葉は魔法

 先日、青少年育成大会なるものに行って来た。Cimg9305

指導者や模範的生徒会などが表彰されたのだが、

中には、毎朝欠かさず子供達の交通安全指導をされている方もいた。

その折、記念講演で「ふくだ友子」さんのお話を伺った。Cimg9307

テーマは「魔法の言葉」であった。

小粋な関西弁で、

私も含め聴衆は文字通り魔法の言葉で翻弄されてしまった。Cimg9327

何が魔法かって、「言葉は使いよう」だって事かな。

言葉には温度がある。

そいつを間違って使うと、言葉が言刃になりかねない。Cimg9310

言葉の使い方如何で、

人は生き生きと出来るし人を元気にもする。

愛情の反対語は憎悪ではなくて、無視なのだそうだ。Cimg9306

人生は人と人との関係だ。

それを拒むのが無視。

愛情とは、対極にあるということでしょうね。Cimg9309

ともあれ人生は、山あり谷あり、何でもあり。

だからこそ、言葉を上手に使って楽しくやらにゃあかん。

そんな事を思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月17日 (火)

地域の事は地域で

昨夜は、市長と語る市政懇談会があった。Cimg9328

前もって地域の課題を提示してあるから、

市側の回答は十分検討されたものだ。

しかし、今年当選したばかりの市長の個性は当然出る。

新市長の口調は、極めて率直で好感が持てる。Cimg8955

奇しくも、市財政も金融危機後の難局にさしかかっている。

市の行政も、これまでの惰性で走ることが出来なくなっている。

その苦境を分かりやすく説明して、市民の理解を求めている。

「雑事は何でも市役所に」というこれまでの風潮を正す良い機会だろう。Cimg9329

もう、何でも市役所がやる時代ではない。

日本の自治意識は、過去の高度成長に甘えた未成熟なままだ。

否、自治なんてものは未だ存在していないとも言える。

お座なりに自治会の役員こそ決めているが,Cimg8946

その意識や如何と思ったりもする。

近頃の事業仕分WGなどは茶番の極みだが、

そうした無関心層には一定の刺激剤になるかも知れない。Cimg9330

つまり、行政機関の仕事を減らすのも自分達だと言う意識だ。

本来「地域のことは地域で」やるべきなのだ。

今日言われる「無駄」は、正にそれなのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月16日 (月)

安全はタダ?

先月、ロシア極東部のある日本領事館の領事が襲われた。Cimg8593

殴打強盗の被害にあったらしい。

私がハバロフスクを訪れた9月にも、治安の悪さには驚いた。

朝、歩道に鮮血が流れていたりするのだ。Cimg8675

そもそも共産主義時代のロシアは、警察国家だった。

権力によって、全てに人が押さえつけられていた。

だから人々は、権力に服従することで生きてきた。Cimg8772

その体制が変わって、警察の重圧が無くなった

すると、途端に犯罪が増えだした。

おまけに金融危機の影響で、失業者が激増した。Cimg9323

特に若い人に仕事が無い。

高齢者も、僅かな年金で生活が苦しい。

それに住民自身が、他人のことに全く無関心だ。Cimg9324

過去の圧制時代の反動なのだが、

犯罪は自分達とは関係ないと思っているらしい。

だからやりたい放題で、当然ながら犯罪は増える。Cimg9325

この日本ではどうか?

日本の冠たる警察が、防犯活動が出来なくなっている。

それは刑法犯の訴訟事務に、超大な労力を要すようになったからだ。

人権擁護が強調されて、容易に犯人を起訴できないのだ。

お巡りさんの巡回なんてのも絶えて久しい。Cimg9326

要するに、地域の安全は住民自身が創る時代になった。

先日も私の地域で、防犯講座を開いたのだが、

地域住民の関心は必ずしも高くない。

生活に精一杯で、地域や他人事には無関心だ。

このままだと、ロシアのことをとやかく言えなくなるかもね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月15日 (日)

地の風格

土地には、その地域独特の格がある。Cimg9211

歴史が醸し出す風格と言っても良い。

例えば、英国の田園は感動的に美しい。

同じ島国だが、英国には山が殆ど無い。Cimg9226

寒冷な気候と生産力の低い石灰岩大地に覆われている。

だから牧草や生垣を大切に自然を育ててきた。

そうして田園風景も、百年一日の如く創り上げられてきた。Cimg9225

これに比して、日本の八割は急峻な山だ。

少ない耕地を耕して、そこに街も工場も住居も作った。

だから、かつて美しかったはずの農村は雑縛とした景観になった。Cimg9223

風格を著しく損なってきたと言える。

京都は、唐の街づくりを昇華させて、この国の古都であり続けている。

東京は、欧米の都市の粋を結集して、未来都市を作ってしまった。Cimg9222

両都は、借り物を日本化させることで風格を備えた。

しかして日本各地の町や農村は、没個性のごった煮になった。

英国の農村やヨーロッパの小都市のような風格が無いのは、

これまでの私達の生き方に何かが欠けているからだ。

それは、経済に偏した生活と仕組みの故ではなかろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月14日 (土)

人生の濃淡

自分の人生が濃いのか淡いのか。Cimg9314

そんな事を考えるようになった。

戦国時代のような乱世には、生も死も至る所に転がっていて、

誰だって波乱万丈の一生になる。Cimg9313

仮に短命だったとしても、悲喜劇のドラマの連続だし、

秀吉のような英雄豪傑だって生まれる。

美濃の斉藤道三のように何人分も生きた男だっている。Cimg9267

つまり、自ずと濃い人生になるだろう。

幸か不幸か、私達は太平の世に生きている。

イラクとかアフガン、北朝鮮も在るけれど、Cimg9256

他人事のように生きることも出来る。

太平楽とは言わないまでも、

人生の波風の振幅は、自ずと滑らかである。Cimg9246

しかし、そんな太平の世に生きながらも、

過去11年間も3万人余の自殺者が続いている。

精神疾患の患者だって増える一方だ。Cimg9235

つまり人生は、そのドラマの濃淡では計れないということか。

だけどどうせ同じ一生なら、波乱万丈も結構。

この世を去る時には「ああ~、面白かった」と、Cimg9230

嘘でも言ってみたいよね。

それに、何がしかの「生のしるし」も見つけておきたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月13日 (金)

雑仕番

母は毎朝、「雑仕番頼むね」と言って野良に出かけていった。Cimg8637

それは、私が小学3年の時だった。

学校で担任の先生が、

「昨日、学校から帰ってやったこと」をみんなに答えさせた。Cimg9171

私の番になって、その答を聞いた先生が突然怒り出した。

「嘘をつくな」と言う叱責であった。

たかが小学三年生だった私は、何故叱られるのか分からなかった。Cimg8854

だから、ひたすら俯いて黙っていた。

ただ、猛烈な悔しさと恥ずかしさが残った。

正確な記憶は無いが「ご飯を炊いて、味噌汁を作りました」と答えたのだろう。Cimg9177

当時は、電気釜もガスも水道も無かった。

勿論、ヘッツイに釜をかけて、稲藁を燃料にくべた。

妹二人の守をしながら炊事をし、田圃から暗くなって帰る父母を待っていた。Cimg8903

まるでTVドラマの「おしん」のようだが、

それが終戦直後の田舎の暮らしではなかったか。

小学校は、職布業の盛んな町場にあった。Cimg8925

そこまで田舎道を片道3km歩いて通っていた。

その某先生は、そんな田舎の生活が信じられなかったのだろう。

そして、間違いなく嘘をついていると断じたのだ。

50年以上も前のことなのに、あの時の悔しさを時々思い出す。

ところで「雑仕」を広辞苑で引くと、雑役としか出てこない。

風呂にバケツで水を運んで沸かしていたから、

やはり雑仕番だったのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月12日 (木)

市民目線

いやぁ~、面白い。Cimg9299

無責任な岡目八目が面白い。

例の、行政刷新会議である。

元来、行政機関の予算や決算の審査は議会がやってきた。Cimg9303

その為に、私達は議員を選んで来たはずだ。

それを差し置いて、構造日本なる何の責任も無い連中が主導している。

素人感覚で衆人監視の中でやるから意味が有るとされる。Cimg9285

快刀乱麻で、見ている分には確かに面白い。

政治を劇場化する。

それは、かつて小泉元首相が始めたことだ。Cimg9239

現政権は、そいつを組織化してやることに意を砕いている。

もちろん、行政刷新会議には権限も決定権も無い。

それを決するのは、政府だし議会だと言うことになっている。Cimg9160

だが、無責任が一人歩きしてよいものかどうか?

WGには、予算削減の強いバイアスが掛かっている。

俄然、短時間に極論を導くことになる。Cimg8771

その結論は、当然ながら行政組織にも大きな「影響」を与える。

右往左往も含めて、長大な労力と時間が費やされる。

マスコミにとっては、面白い記事が出来て好ましいだろう。

当然、世論を煽り立てていくことになる。

この市民目線、本当に私達の為になるのかどうか?

というより、これって「無駄」そのものじゃない!

やがて目が覚めた時、郵政の民営化と同じだったとしたら・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月11日 (水)

震度7

私の住んでいる所は、かつては入海だったようだ。Cimg9301

それで地盤が著しく悪い。

想定される東海地震の震度も、最大の7とされている。

この8月11日の早朝、ちょつと大きな地震があった。Cimg9294

震源地近くでは震度6弱で、14秒間の揺れに過ぎなかった。

私の所では震度5 だったが、

それでもベッドから飛び起きて、脱兎の如く外に出た。Cimg9295

その折、何所かに足をぶっつけて痛めてしまった。

スワッ、東海地震という思いがそうさせたようだ。

しかし、震度5でこれでは先が思いやられる。Cimg9296

エネルギーの規模は、8月の地震の180倍。

それに揺れだって、120秒は続くのだそうだ。

私の地区の被害想定は、住宅の大破11.5%、Cimg9298

中破24.8%、一部損壊22.1%とされている。

地震で、少なくとも35%の住宅は住めなくなる。

県の地震防災センターで、震度7を体験した。Cimg9293

あれじゃ、丈夫に作ったはずの俺の家ももたないな~。

地震の無いことを祈るばかりだが、・・・・。

12月6日の防災訓練は、いよいよ避難所運営の訓練だな。Cimg9291

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月10日 (火)

井戸

私の子供の頃には、何処の家にも井戸があった。Cimg9262

そこから水を汲んで、煮炊きやら洗濯、風呂に使った。

ある時、我が家の掘り抜き井戸が突然枯れてしまった。

さあ大変である。

突然、生活に必要な水が無くなったのだ。Cimg9264

私が小学生だったろうか、幸い、隣の家ではまだ水が出ていた。

それで「貰い水」の当番が私になった。

新しい井戸を掘るまでの間、毎日バケツで水を運んだ。

が、その井戸も間もなく塩水化が顕著になった。Cimg9001

原因は、3kmほど上流に工場ができて、大量に水をくみ上げたからだった。

程なく水道が引かれて、私も重労働から解放されたのだが・・・。

ともかく生き物は、水が無くては生活できない。

だから、水の得られる所に住んだのだ。Cimg9286

しかして今日、水は上流のダムから供給される。

水は何の不思議もなく、蛇口から自然に出るものになった。

「井戸は車にて 綱の長さは十二尋」

樋口一葉の文章である。Cimg9288

つるべ井戸が無くなった今日、その意味は不明となった。

やがて「井戸」と言う言葉すら無くなるだろう。

ダムでさえ、無駄とされる今日なのだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 9日 (月)

お茶のまち

節約指向結果だろうか。Cimg9272

それに生活スタイルの簡便化も大きな要因だ。

つまり、ペットボトルのお茶への依存だ。

結果として、茶の価格が、Cimg9273

生産原価を割り込むほど低迷を続けている。

最大の茶産地静岡でも、

生産者の悲鳴が聞こえてくる。Cimg9276

そんな危機感の中で、

お茶の魅力を創造する試みがあちこちで始まっている。

茶の大産地である掛川でも、Cimg9277

11月8日を期して「お茶のまち掛川」を宣言した。

「いい葉」の産まれる掛川から、お茶再発見を市民運動にしようという。

まずは個性のある「さえみどり」「つゆひかり」を新銘茶にすること。Cimg9279

それに、お茶のある生活を街ぐるみで楽しもうと言うことだ。

掛川市は、生涯学習発祥の地だし、スローライフのメッカでもある。

市街地を一歩離れれば、そこはもう一面の茶畑だ。Cimg9278

要するに、材料はふんだんに有る。

商店街との連携も面白い。

各店の前に椅子とテーブルをおいて、お茶を提供するのだ。Cimg9271

市民のコミュニティーも含めて、一杯のお茶の縁を育てればよい。

松井三郎市長も熱心だ。

市役所の会議には、急須のお茶を出すのだそうだ。

水分補給の茶ではなく、雰囲気や味わいの文化を育てたい。

それでないと、折角のお茶が勿体なかろう。

記念シンポでは、相川香さんや金沢ゆうさんも、

掛川市にエールを送っていた。

それに、あの「さえみどり」は濃厚で美味しいお茶だね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 8日 (日)

文化の香り

かつて、文化鍋とか文化包丁なんてのがあった。Cimg9206

当時の生活水準を高める品と言う意味だったかどうか?

ともかく、生活のありようそのものが文化だと思うのだが、

その辺が文化の難しいところだ。Cimg9212

例えば、現在開催中の国民文化祭である。

舞踊や演劇、演奏やら創作など多くの試みが繰り広げられている。

だけど、そいつが日常の何処とつながるのか・・・・?Cimg9213

先日、ツインメッセで開かれた生活と文化展を覗いてみた。

茶席や活花、着物や香道、囲碁将棋などなどだ。

茶席は流派も競い合って、お道具だって選び抜かれている。Cimg9214

活花もアット驚くような趣向が並んでいる。

いずれも、崇高な趣味であり数奇の世界なのだ。

私達は戦後、随分と生活の水準を上げてきた。Cimg9224

だけと一方、この会場に広がっているような文化とは、

和服や工芸も含めて、随分距離を置くような生活になった。

伝統「文化」なぞを嗜む余裕を無くしてきたと言える。Cimg9216

その一方で、便利こそが文化だと考えてきたのではないか。

結果として私達は、安上がりな文化鍋化してしまったのではないか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年11月 7日 (土)

急がば回れ

物事は、見ようによっては様々な見方が出来る。Cimg9282

立場を変えてみれば、正反対の結論に帰結する事だってある。

行政刷新会議のWGも、あるいはそうなのだろう。

WGが職業能力開発大学校を視察して、Cimg9253

「職業訓練指導員」への就職が、

卒業生の4割に満たないことを糾弾していた。

それなら入学定員を4割に減らせと言うのだ。Cimg9232

それだけ「無駄」が減ると言う論法だ。

しかしである。

共産主義にでもしない限り、、これは難しかろう。Cimg9201

就職するほうにも採用側にも都合ってものがある

採算を言うなら、僻地教育なんてのは最たるものだね。

生徒5人に10人の先生なんて小学校はいくらもある。Cimg9196

これを極論しちゃうと、義務教育制度そのものが「無駄」と言うことになる。

要するに、マニフェストのための財源捻出に汲々としているのだが、

ここは腰を落として、社会のあるべき姿をじっくり考えた方が良い。Cimg9193

このままだと、ファシズムになっちゃう。

室町時代の話である。

近江の草津から大津に抜けるには、琵琶湖を船で渡ったほうが速い。

しかし、当時の船には色々と事故も多かった。Cimg9169

それで、室町の連歌師の宋長は、

「もののふの 矢橋の船は速けれど 急がば回れ 瀬田の唐橋」と詠んだ。

急がば回れの語源である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 6日 (金)

感動は作るもの

人間の脳は、未知との遭遇のためにあるらしい。Cimg8622

だから同じ事を繰り返していると、脳は働いてくれない。

自分の出番がなくなって、退屈してしまうのだ。

大人になるに従って、時間の経過速度が速くなるのもその為らしい。Cimg8623

見知らぬ土地に行って、行きと帰りとでは行きの方が長く感じる。

帰りには、脳があんまり働かないかららしい。

だから、いつもルーチンで暮していると、脳はだんだんぼけていく。Cimg8633

ボケさせない為には、適度なストレスや感動が必要になる。

人とのおしゃべりや旅行、読書やゲームも大切だ。

女性が男よりも長生きするのも、毎日料理を作るからかもしれない。Cimg8727

献立を考えて材料を調達する。

それも何処が安いかなどと工夫しつつ調理する。

それ自体が、脳を退屈させない作業だろう。Cimg8728

私はもともと、ボケーッと出来ない性分らしい。

いつもせかせかと歩き回っている。

その分、脳もそれなりに忙しい。Cimg8731

考えてみれば、衣食住のすべてに新規性を探せばよい。

今日は、これを着ようとか、違った道を歩いてみよう、

あの店で食べて見ようなどなどだ。Cimg8757

人生を面白くするには、自分の脳を感動させることだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 5日 (木)

シルクロードの終着

天竜川を遡って中山間に入ろうかと言う所に、Cimg9261

そのミュージアムはある。

旧豊岡村の旧家を改装した私設の展示館だ。

シルクロード・ミュージアムと表示がある。

「何故、こんな所にシルクロード?」と思った。Cimg9263

訪ねてみると、古民家の佇まいにも増して貴重なコレクションが揃っている。

この天竜地区出身のとある学者の収集物だという。

イランやアフガン由来の工芸、仏教に因む品々が多い。

シルクロードは、人と物の辿った道だ。Cimg9265

私達日本人の祖先も、この南と北のシルクロードを通って、

この日本列島に到達したはずである。

だから民族も文化も、この道とどこかで繫がっている。

今日では全く交流の無いカザフ地方の人々なども、Cimg8547

民族的には私達にかなり近いと言われる。

「経済や政情も定かならぬこの地域と、私達は繫がっている。」

そんな事を思いながら、この里山で彼の地の文物を眺める。

すると、何やら不可思議な空間に迷い込んだような気になる。Cimg9266

シルクロードの遥かかなたに、昨日まであった品々と向き合っている。

しかもここは、とある日本の山里なのだ。

時間的距離は、遥かな空想へと広がっていく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 4日 (水)

街並

日本の街は、明治以降すさまじい変化を続けてきた。Cimg9244

特に、車の普及と経済の高度成長が変貌に拍車をかけた。

都市の機能を何度か入れ替えたような、

そんな変わり方だろうか。Cimg9245

ところが欧州の古い都市は、驚くほど変わっていない。

例えばウイーンの街などは、銀行もカフェも、

郵便局もアイスクリーム屋も、Cimg9243

30年ほど前と比べても寸分も違わないそうだ。

同じ景色で同じ雰囲気、その隣にはドナウが雄大に流れている。

もちろんコンビニなんてのも無い。Cimg9247

恐らく100年前と比べても、そんなに変わっちゃいないだろう。

日本の街は、何故激しく変わってしまうのか。

流行遅れを嫌って、新しさを求めるからだ。Cimg9241

それに、大切にすべき古いものに価値を認めてこなかったからだ。

言うならば、モンスーンの風土に帰結するかもしれない。

例外は京都だ。Cimg9260

京都の凄さは、古いものを支えられるところだろう。

私達が、故郷としてどちらを選ぶかは明らかだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 3日 (火)

天竜二俣の一夜城

天竜川と二俣川の合流する所に、二俣城址がある。Cimg9251

永禄から天正にかけて、

信玄と家康が攻防を繰り返した城だ。

城のすぐ下が天竜川の渕で、Cimg9250

城から直接水を汲み上げることが出来た。

要するにろう城が容易だった訳だが、

その水を汲む櫓が、信玄側に壊されて落城の憂き目を見た。Cimg9257

この城は、家康の嫡男の信康が腹を切った所だ。

母親の築山の武田との内通を信長に疑われた。

家康がそれ程に抵抗せずに腹を切らせたのだから、Cimg9255

信康にもそれなりの非が明らかだったのかも知れない。

いずれにしても、戦国の悲劇のドラマの城である。

その城址に、突然城郭が登場した。Cimg9258

地元の建設組合などが協力して、この半月だけの城を作った。

3~400万円位は掛かったのだろうが、

この15日には解体の予定だそうだ。Cimg9252_2

国民文化祭に併せて、長篠の鉄砲隊の実演やら、

武者行列や遠州大念仏などの繰り広げられている。

それにしても、歴史は物語を残す。Cimg9259

物語は、私達を簡単に数百年も前に連れて行ってくれる。

さても、私達は歴史の上に暮しているのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 2日 (月)

街と自己実現

大道芸は、昔からの生活の術だった。Cimg9227

僅かばかりの投げ銭を求めての、

必死のパフォーマンスだった。

だが、近世ではこいつが文化になった。Cimg9228

自己実現する場になって、

大道芸が町のアートになった。

20年ほど前のこと、ドイツのミュンヘンでのことだ。Cimg9229

薄暗い通りの路地には、

ギターを抱えた若者が何組もいた。

その一人に「ビートルズ プリーズ」とリクエストして、Cimg9231

一緒に歌い始めると、

直ぐに7~8人の輪が出来た。

その時の自然さに「ヨーロッパは凄い」と思った。Cimg9233

今、この静岡市がその大道芸のメッカになっている。

今年も23カ国から183人もの大道芸人が集まってきた。

まちのあちこちで、その鍛えた技を披露している。Cimg9238

そのことで人々が沸き、笑顔が広がる。

街には、全国から人々が見物に集まってくる。

芸人だけでなく、街自体も自己実現しているのかもしれない。

平和の象徴Cimg9234でもある。

こんなことがアフガンのカブールやバクダッドで適う筈もない。

人口の集Cimg9237積している街にアートが集まれば、街は劇場になる。

大道芸W杯の15年は、静岡の街を少しずつ面白くしてきたようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 1日 (日)

大井川マラソン

「箱根八里は馬でも越すが、越すに越されぬ大井川」Cimg9185

橋が無くて難渋した明治以前のことだ。

今、明治12年に牧の原開墾のために造られた橋が、残っている。

全長897mの蓬莱橋だ。Cimg9186

世界一長い木造歩道橋としてギネスにも登録されている。

今日は、その橋の下を走るのだ。

この島田には色々と名物が有る。Cimg9190

髷祭りや帯まつり、大井川鉄道のSLやお茶の博物館だ。

それに大井川の渡し場だった宿場も残っている。

そうしてもう一つが、リバティだ。Cimg9192

日本で初のマラソン専用コースだ。

大井川の河川敷を延々と18kmも続いている。Cimg9200

だから今日の大会も、制限時間は何んと7時間である。Cimg9197

と言う訳で、私も初心者のつもりでゆっくりと走った。

このレース、静岡空港開港記念で始まったのだが、Cimg9199

市長は毎年開催すると意気込んでいる。Cimg9198

初回から7,000人も集まったのだから当然だね。

ともあれ、雰囲気もリバティーもなかなか良いね。 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »