« シルクロードの終着 | トップページ | 急がば回れ »

2009年11月 6日 (金)

感動は作るもの

人間の脳は、未知との遭遇のためにあるらしい。Cimg8622

だから同じ事を繰り返していると、脳は働いてくれない。

自分の出番がなくなって、退屈してしまうのだ。

大人になるに従って、時間の経過速度が速くなるのもその為らしい。Cimg8623

見知らぬ土地に行って、行きと帰りとでは行きの方が長く感じる。

帰りには、脳があんまり働かないかららしい。

だから、いつもルーチンで暮していると、脳はだんだんぼけていく。Cimg8633

ボケさせない為には、適度なストレスや感動が必要になる。

人とのおしゃべりや旅行、読書やゲームも大切だ。

女性が男よりも長生きするのも、毎日料理を作るからかもしれない。Cimg8727

献立を考えて材料を調達する。

それも何処が安いかなどと工夫しつつ調理する。

それ自体が、脳を退屈させない作業だろう。Cimg8728

私はもともと、ボケーッと出来ない性分らしい。

いつもせかせかと歩き回っている。

その分、脳もそれなりに忙しい。Cimg8731

考えてみれば、衣食住のすべてに新規性を探せばよい。

今日は、これを着ようとか、違った道を歩いてみよう、

あの店で食べて見ようなどなどだ。Cimg8757

人生を面白くするには、自分の脳を感動させることだ。

|

« シルクロードの終着 | トップページ | 急がば回れ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 感動は作るもの:

« シルクロードの終着 | トップページ | 急がば回れ »