« 街並 | トップページ | 感動は作るもの »

2009年11月 5日 (木)

シルクロードの終着

天竜川を遡って中山間に入ろうかと言う所に、Cimg9261

そのミュージアムはある。

旧豊岡村の旧家を改装した私設の展示館だ。

シルクロード・ミュージアムと表示がある。

「何故、こんな所にシルクロード?」と思った。Cimg9263

訪ねてみると、古民家の佇まいにも増して貴重なコレクションが揃っている。

この天竜地区出身のとある学者の収集物だという。

イランやアフガン由来の工芸、仏教に因む品々が多い。

シルクロードは、人と物の辿った道だ。Cimg9265

私達日本人の祖先も、この南と北のシルクロードを通って、

この日本列島に到達したはずである。

だから民族も文化も、この道とどこかで繫がっている。

今日では全く交流の無いカザフ地方の人々なども、Cimg8547

民族的には私達にかなり近いと言われる。

「経済や政情も定かならぬこの地域と、私達は繫がっている。」

そんな事を思いながら、この里山で彼の地の文物を眺める。

すると、何やら不可思議な空間に迷い込んだような気になる。Cimg9266

シルクロードの遥かかなたに、昨日まであった品々と向き合っている。

しかもここは、とある日本の山里なのだ。

時間的距離は、遥かな空想へと広がっていく。

|

« 街並 | トップページ | 感動は作るもの »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シルクロードの終着:

« 街並 | トップページ | 感動は作るもの »