« 人生の濃淡 | トップページ | 安全はタダ? »

2009年11月15日 (日)

地の風格

土地には、その地域独特の格がある。Cimg9211

歴史が醸し出す風格と言っても良い。

例えば、英国の田園は感動的に美しい。

同じ島国だが、英国には山が殆ど無い。Cimg9226

寒冷な気候と生産力の低い石灰岩大地に覆われている。

だから牧草や生垣を大切に自然を育ててきた。

そうして田園風景も、百年一日の如く創り上げられてきた。Cimg9225

これに比して、日本の八割は急峻な山だ。

少ない耕地を耕して、そこに街も工場も住居も作った。

だから、かつて美しかったはずの農村は雑縛とした景観になった。Cimg9223

風格を著しく損なってきたと言える。

京都は、唐の街づくりを昇華させて、この国の古都であり続けている。

東京は、欧米の都市の粋を結集して、未来都市を作ってしまった。Cimg9222

両都は、借り物を日本化させることで風格を備えた。

しかして日本各地の町や農村は、没個性のごった煮になった。

英国の農村やヨーロッパの小都市のような風格が無いのは、

これまでの私達の生き方に何かが欠けているからだ。

それは、経済に偏した生活と仕組みの故ではなかろうか?

|

« 人生の濃淡 | トップページ | 安全はタダ? »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地の風格:

« 人生の濃淡 | トップページ | 安全はタダ? »