« ひと時 | トップページ | 家族考 »

2009年11月28日 (土)

早世

人は、生まれた時から死に向かって歩み始める。Cimg9379

だから人間の死は、その人生最大の仕事だとも言える。

例外なく死ぬのだから、その事自体の公平さに異論は無い。

しかし、未だこれからと言う人の死は、いかんとも切ない。Cimg9387

近頃、そんな死が私の身の回りにも多い。

八才の子供の小児癌での早世。

熟年者の、くも膜下出血での突然死。Cimg9374

そして又今日は、53歳だった近親者の葬儀だった。

やり切れないのは元よりだが、

人は亡くなっても、何がしかを残していく。Cimg9390

それは単に思い出だけでなく、教訓や元気だったり、

自分の生き方を問い直す契機だったりもする。

「人間五十年 化転のうちに較ぶれば 夢まぼろしのごとくなりCimg9366

一たび生をうけ 滅せぬもののあるべしや」

生涯は一石の夢なのだ。

死と言うものを常に意識しつつ、Cimg9364

今出来ることに専心することこそ肝心なのだ。

|

« ひと時 | トップページ | 家族考 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 早世:

« ひと時 | トップページ | 家族考 »