« 地の風格 | トップページ | 地域の事は地域で »

2009年11月16日 (月)

安全はタダ?

先月、ロシア極東部のある日本領事館の領事が襲われた。Cimg8593

殴打強盗の被害にあったらしい。

私がハバロフスクを訪れた9月にも、治安の悪さには驚いた。

朝、歩道に鮮血が流れていたりするのだ。Cimg8675

そもそも共産主義時代のロシアは、警察国家だった。

権力によって、全てに人が押さえつけられていた。

だから人々は、権力に服従することで生きてきた。Cimg8772

その体制が変わって、警察の重圧が無くなった

すると、途端に犯罪が増えだした。

おまけに金融危機の影響で、失業者が激増した。Cimg9323

特に若い人に仕事が無い。

高齢者も、僅かな年金で生活が苦しい。

それに住民自身が、他人のことに全く無関心だ。Cimg9324

過去の圧制時代の反動なのだが、

犯罪は自分達とは関係ないと思っているらしい。

だからやりたい放題で、当然ながら犯罪は増える。Cimg9325

この日本ではどうか?

日本の冠たる警察が、防犯活動が出来なくなっている。

それは刑法犯の訴訟事務に、超大な労力を要すようになったからだ。

人権擁護が強調されて、容易に犯人を起訴できないのだ。

お巡りさんの巡回なんてのも絶えて久しい。Cimg9326

要するに、地域の安全は住民自身が創る時代になった。

先日も私の地域で、防犯講座を開いたのだが、

地域住民の関心は必ずしも高くない。

生活に精一杯で、地域や他人事には無関心だ。

このままだと、ロシアのことをとやかく言えなくなるかもね。

|

« 地の風格 | トップページ | 地域の事は地域で »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安全はタダ?:

« 地の風格 | トップページ | 地域の事は地域で »