« 便利さの影 | トップページ | 落花流水 »

2009年12月30日 (水)

国民目線

今年の流行語の一つだ。Cimg9544

天の声だとも解釈されてきた。

だがこれ、大変危険な要素をはらんでいる。

何故なら、国民意識など世論の操作で如何様にも変える事が出来るからだ。Cimg9543

ルーズベルトの仲介で日露戦争が終結したとき、

その講和の内容を巡って、世論は不満の大合唱になった。

あちこち暴動まで起こった。Cimg9542

全権大使だった小村寿太郎などは、命まで脅かされた。

あんなに犠牲を払ったのに、分捕ったものが少ないと言うのだ。

日露戦争の内実は、やっと負けなかったと言う事だった。Cimg9541

だが、国民はそうは考えなかった。

やがてこの世論が、軍部暴走と言う暗黒の歴史を作ってしまった。

国民目線と言われたあの「仕分け」も相当に怪しいものだった。

シーリングを外して要求させて、Cimg9540

わざと膨らめておいて公開の元でこれを叩く。

しかも、国会議員が公僕の官吏を罵倒するのだ。

演出とすれば中々の物だったが、中味は仕組まれた茶番だ。

彼ら仕置き人は、予行演習までして本番に臨んだ。

Cimg9536

こんな言葉が独り歩きする時、

この国の未来は危ういと考えた方がよい。

|

« 便利さの影 | トップページ | 落花流水 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

国民目線と言われたあの「仕分け」も相当に怪しいものだった。

投稿: louis vuitton | 2010年3月30日 (火) 11時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/47156144

この記事へのトラックバック一覧です: 国民目線:

« 便利さの影 | トップページ | 落花流水 »