« 政治主導の危うさ | トップページ | 縮む経済 »

2009年12月19日 (土)

うたごえ喫茶

知人のNさんが、浜松にうたごえ喫茶を開設している。Cimg9464_2

で今夜は、そのCafe Triangleに出かけてきた。

うたごえ喫茶は、昭和40年代が全盛だった。

学生の頃、東京の喫茶に足を踏み入れて驚嘆した。Cimg9469

数百人の客が、声の限りにアコーディオンに合わせて歌っていた。

そのむんむんしたエネルギーを今でも忘れない。

そんな郷愁からか、彼女のCafeを訪れたのだ。Cimg9470

この喫茶が、アットホームで中々くつろげる。

歌は、「焚き火」「ふるさと」「千の風」と続いて、

コンドルは飛んでいく、ナダソウソウなどと限りない。Cimg9471

今日のゲストがオカリナの遠士朗さんで、これが又良かった。

イタリア生まれのオカリナは、日本で改良されて、

音域の広いオリエントな雰囲気の楽器になった。Cimg9473

そのオカリナが、今日の曲にぴったり合っていたのだ。

それに、サンシンやドラムも登場して、

昔のうたごえ喫茶よりも、楽しい一晩になった。Cimg9474

こんなのも良いね!

|

« 政治主導の危うさ | トップページ | 縮む経済 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: うたごえ喫茶:

« 政治主導の危うさ | トップページ | 縮む経済 »