« 鯨油とこの国 | トップページ | メダカはめだか »

2009年12月 4日 (金)

師走一景

街に、クリスマス飾りやイルミネーションが輝く。Cimg9393

景気二番底の巷の声にも拘らず、

時は確実に流れていく。

私達の日常も、明日に向かう歩みを止める訳には行かない。Cimg9394

先日は、恒例の走友会の忘年会があった。

無用な気遣いの必要ない仲間の会である。

忘年とは言え、一年の区切りの飲み会だ。Cimg9396

楽しくやるのにこしたことはない。

この一年の大会のあれこれや苦労話に花が咲く。

そう、そうした今年の結果を踏まえ、また来年があるのだ。Cimg9398

この地球が太陽を一周しただけなのだが、

私達の心情は少しずつ変わっていく。

ボーナスも減って、例の事業仕分けの故か、Cimg9399

今年の師走の街は幾分寂しげである。

|

« 鯨油とこの国 | トップページ | メダカはめだか »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 師走一景:

« 鯨油とこの国 | トップページ | メダカはめだか »