« 道を楽しむ | トップページ | 移り気 »

2009年12月15日 (火)

王城の地

京都は、歴史が詰め込まれている所だ。Cimg9395

史上の権力交代は、

すべからくこの地の関りのもとで行われた。

そうしてそこには、Cimg9394

かつて存在した何万と言う人々の生き様が詰まっている。

勤皇の志士たちや新撰組、龍馬や慎太郎、信長や秀吉、尊氏や正成、

清盛や義経、秦氏や和上、そして歴世の天皇と際限がなかろう。Cimg9393

彼らの時暦を意識下において、私達は経の街を歩いている。

そして古刹の崩れた壁にさえ、何がしかの物語を感じてしまうのだ。

古都と言うものには、それ程私達に語りかける力がある。Cimg9424

先日の東山三十六峰マラソンだって、

そんな王城の地を眼下に走るから、一層感慨深いのだ。

人間と言うのは、もろもろの関係の中に存在する。Cimg9426

そしてそれには、歴史と言う関係性が濃厚に含まれている。

そう、本当に京都があって良かったと思う。

何にも代え難い、この国の財産だろう。Cimg9427

|

« 道を楽しむ | トップページ | 移り気 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 王城の地:

« 道を楽しむ | トップページ | 移り気 »