« 剪定 | トップページ | 軽妙でありたい »

2010年1月18日 (月)

帰属意識

かつて苦楽をともにしてきた諸先輩との再会は、Cimg9683

一種の戦友のような感覚になるのだろう。

一年に一度の再開にも拘らず、

その背景の40年もの歳月を一瞬にして再現してしまう。Cimg9681

話柄もついつい昔の苦労などに向かってしまうが、

退職後の活躍にも話の花が咲く。

矍鑠として第一線で活躍されている方が多いからだ。Cimg9685

そんな皆さんを見るにつけ、60歳までのステージは、

まだまだ助走期間ではなかったかとも思われてくる。

奇術や日本舞踊の道を謳歌している方さえもいる。Cimg9686

何れも自己満足で終わってはいない。

自己完結の人生をひたすら追及しているのだろう。

人間は、伊達に馬齢を重ねてはいない。Cimg9688

そんな多士済々の人々とともに、

何十年も過ごせた自分の幸せを思う。

かつての職域への帰属を誇りに思う。Cimg9682

|

« 剪定 | トップページ | 軽妙でありたい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 帰属意識:

« 剪定 | トップページ | 軽妙でありたい »