« 陽だまり | トップページ | 狼少年? »

2010年1月15日 (金)

忘却の達人

人間は、忘れることによって救われる。Cimg9649

認知症だって、死を過剰に意識させないための神の仕業だ。

例えば、メンタルなスポーツと言われるゴルフである。

その前のホールの失敗を気にしていると、次々とミスを重ねることになる。Cimg9644

筋肉もドンドン萎縮していく。

そこはおおらかに、カラリと忘れるのが肝心なのだ。

諸事同じことで、心のダメージは自分で傷口を広げてしまう。Cimg9631

何故なんだろう? 

ああではないか?

多分嫌われたんじゃないかなどと際限もない。Cimg9573

特に対人関係においては、修復が容易でなかったりもする。

それに辛いこと苦しいこと、悲しいことの方が、喜びよりも鮮烈に残る。

人生の達人は、おおらかな人なのだろう。Cimg9572

おおらかで有るにゃぁ、忘れることが肝心だ。

過ぎ去った過去に拘泥するなぞは、愚の骨頂である。

向後の人生は、忘却の達人でありたいと思っている。Cimg9512

|

« 陽だまり | トップページ | 狼少年? »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 忘却の達人:

« 陽だまり | トップページ | 狼少年? »