« 座敷芸 | トップページ | 忘却の達人 »

2010年1月14日 (木)

陽だまり

もう、二十年になるだろうか。Cimg9654

小笠山山頂付近の尾根道を走り続けてきた。

四季折々に、花が咲き紅葉があり、茸が顔を出す。

自分の体を、その自然に同化させてきた年月である。Cimg9599

しかしながら、この厳寒期には殊更寒風が強く吹き付ける。

西風が麓から谷沿いに吹き上がってくるからだ。

その寒さの中で着替え、走り始めて2kmも行けば、Cimg9601

手足も体もポカポカと、汗すらもかいている。

走り終わると、仲間が集まって日向ぼっこをする。

崖の東側に風を避けると、そこは陽だまりである。Cimg9605

四方山話に花が咲くのだが、

日頃の職業会話から脱して、極自然な談笑になる。

勿論、何の屈託も無い。

人は本来、こんな微風を求めているのかもしれない。

陽だまりは、人々の心をも温かくする。

|

« 座敷芸 | トップページ | 忘却の達人 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 陽だまり:

« 座敷芸 | トップページ | 忘却の達人 »