« 観光盛衰 | トップページ | ロボットの未来 »

2010年1月 7日 (木)

八重洲

久しぶりの東京で、八重洲口を見上げながら思った。Cimg9647

私達は、歴史の上を歩いている。

そうして、歴史は人が創ってきたのだと。

八重洲と言う地名の由来である。Cimg9650

この国に、初めてやってきたオランダ船がデ・リーフデ号だった。

九州の豊後に漂着した。

時は、関ヶ原戦の直前である。Cimg9651

1598年6月にオランダを出帆した時の乗員が110人だった。

だが、漂着した時には24人になっていた。

大航海時代の先駆けとは言え、大変な冒険航海だったのだ。Cimg9653

大阪城にいた家康が、彼らの冒険の航海に興味を持った。

彼ら乗組員を大阪城に呼び、後に彼らを幕臣にすることを考えた。

そうして航海長だったウイリアム・アダムスは、Cimg9646

三浦半島に領地を貰い、三浦按針と名乗って帰化した。

同じように航海士だったヤン・ヨースチンも、

江戸の海岸べりに屋敷を拝領して、ヤヨス殿と呼ばれた。Cimg9648

これが、東京八重洲の地名の起こりだ。

思うだに、歴史と言うものは面白いものだ。

|

« 観光盛衰 | トップページ | ロボットの未来 »

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八重洲:

« 観光盛衰 | トップページ | ロボットの未来 »