« 子供手当て | トップページ | ベンチャード »

2010年2月 8日 (月)

土の感触

田舎暮らしの私は、時として土の有難さを思ったりする。

そりゃ~雑草との追いかけっこだし、梅雨時の泥濘にも往生する。

だけど、土は素晴らしい力を持っている。

Cimg9766

私達の食べ物は、肉も魚もすべからく土から生まれている。

水の循環で環境も浄化しているし、実に多くの生き物も養っている。

ところが多くの人々が、その土を忘れて生きている。

Cimg9752

都市生活者のかなりの人々は、土の上を何年も歩いていないのではないか。

おそらくは、土の感触を知らないで一生を終える人すらいるのだろう。

そういう人には「土に帰る」なんて情感は無かろう。

Cimg9765

ところで私の週末は、里山の尾根道を走って過ごすことが多い。

もちろん、落ち葉を踏みしめながら疾駆するのだ。

舗装道路を走るランナーは、どうしても膝や腰を痛め易い。

それに比べると、私は実に恵まれている。

Cimg9759

土の道が、何よりのクッションになっているからだ。

この得難い自然と田舎暮らしに、絶対の満足感を味わっている。

|

« 子供手当て | トップページ | ベンチャード »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 土の感触:

« 子供手当て | トップページ | ベンチャード »