« 奥能登の風情 | トップページ | 兼六園 »

2010年3月19日 (金)

加賀の茶屋街

加賀百万石の城址近くに二箇所、かつての茶屋街が残っている。

江戸期そのままの風情を残しながら息づいている。

Cimg0122

と言っても今日の業態は、喫茶や博物館、土産物屋などだ。

その一箇所は遊郭、そして私達が訪れたのは色町かな?

Cimg0090

壁には三味線が掛かり、屏風の横には太鼓がある。

そんな部屋を巡りながら往時に想像をめぐらす。

Cimg0089

もちろん茶屋遊びなぞ映画の中でしか知らないが、

どこからか三味の音が聞こえてくるような気がする。

Cimg0088

もとより加賀侍は、その藩風として時勢に鈍感に出来ていた。

その証拠に、幕末にたった一人の志士も輩出していないのだ。

ゆえにこの茶屋で交わされた会話も、

Cimg0087_2

勤皇の志士達のそれとは随分違ったろう。

座敷だって、それぞれが比較的小部屋だ。

Cimg0086

床の間を背にして座ると、その正面は控えの間だ。

そして控えの間は、演舞の間でもあった。

Cimg0085

飲んで議論なんて無粋で、しっぽりと遊興を楽しむ場だったろうか。

ともあれ階級社会の故に、数多く茶屋が軒を並べたのだろう。

それにしてもこの一角、良くぞ残ったものだと思う。

|

« 奥能登の風情 | トップページ | 兼六園 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 加賀の茶屋街:

« 奥能登の風情 | トップページ | 兼六園 »